キーワードプランナーの具体的な活用事例

キーワードプランナーの機能やメリットについてを紹介してきましたが、それだけだと使用するときのイメージが湧きづらいかもしれません。そこで使用する際の心理的ハードルを下げるため、活用事例を紹介していきます。

広告出稿前のキーワード選定の場合

広告出稿する場合の使い方について紹介します。企業がGoogle広告を使用する場合、成約に結びつくページを利用してキーワード選定をしていきます。しかしSEOのみで上位表示させるには時間もかかり即効性がありません。そこで広告を出稿するという考えにいたります。

キーワードを選定する際に注目する点は、予算に対しての費用感と競合の強さ、自社コンテンツとの親和性の高さです。また発信する地域なども細かく設定できるので、自社の提供するサービスを欲している層を的確に定めると、CVRやROASの向上にもつながります。

上位に表示されたからといって、サイト自体がニーズと合っていなければクリック率の向上は見込めません。まずは自社コンテンツのペルソナを明確にし、顧客心理を深堀していくことが基本です。

SEOのキーワード選定の場合

SEOの場合は、キーワードプランナーのみを活用していきます。検索上位に表示されることを目的とする場合、GoogleのAIにサイトが評価されることが重要です。ネットでビジネスを拡大するためには、プラットフォームに沿ったやり方が求められます。

まずキーワードプランナーで検索ボリュームを確認してください。キーワードプランナーからキーワードを抽出して、ワードごとに求められているものをネットでリサーチします。自社に合ったキーワードを網羅的に調査して、どのキーワードのコンテンツを作っていくかを整理していきます。それを元にユーザーが求めているコンテンツを作成し、上位表示を狙っていきます。

キーワードプランナーではサジェストワードもわかることから、関連コンテンツを拡大する際のヒントにもなります。競合も多く、検索ボリュームの多いキーワードを狙うのが難しい場合は、サジェストワードからヒントを得てコンテンツを作るのも一つの方法です。

SEOで上位を狙うことは難しいことではありますが、キーワードプランナーは心強い味方となるでしょう。ぜひ使いこなしてビジネスを促進させてください。

キーワードプランナーを使って快適なリサーチを

キーワードプランナーについて登録から使用イメージまでをお伝えしましたが、広告出稿に限らずWebコンテンツ作成に大きく役立つツールです。始めは難しいものに感じられるかもしれませんが、実際にやってみると簡単であることに気づきます。

コンテンツを効果的に発信するために必要なツールですので、本記事を通して活用の参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事

リスティング広告のキーワードの決め方

リスティング広告のキーワードの決め方

競合の多いキーワードの場合、検索で上位を獲得するのは決して簡単なことではありません。リスティング広告は、自然検索の結果より上に広告を表示できるので、SEOに時間とお金をかけるより、即効性のあるプロモーションとして利用されます。リスティング広告にはコストが発生しますので、いかに費用対効果を上げられるかが重要です。今回は、リスティング広告が成功するか否かの重要な要素となるキーワードの決め方にスポットをあてました。キーワードの選び方を基本からわかりやすく解説しますのでご参考ください。

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)の基礎知識

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)の基礎知識

「Google Search Console(グーグル サーチコンソール)」は、(not provided)として隠されていた検索キーワードを調べられたり、Googleの検索結果であなたのWebサイトがどのように表示されているかを知る手段として使えます。記事では、Google Search Consoleの基本、Webサイト運営者であれば必要になるGoogle Search ConsoleとGoogle アナリティクスの連携方法、検索キーワードの取得方法を紹介します。

SEOの検索順位を調べる際に役立つチェックツール3選

SEOの検索順位を調べる際に役立つチェックツール3選

SEOを行う上で、指定したキーワードで表示されるページの検索順位を確認することは、欠かせない作業です。そこでこの記事では、無料で使えるGRCなど検索順位を調べられるツールを紹介します。