リスティング広告は、クリックしたときにだけ料金が発生するため、コストを抑えながら商品やサービスの認知度アップや購買につなげられます。

その一方で、キーワードをはじめとした各種設定を適切に行わなければ、アクセスが極端に少なくなるリスクもあります。ここでは、リスティング広告のキーワードの設定方法や注意点などについて詳しく解説します。

目次

  1. リスティング広告はキーワード選びが重要
  2. リスティング広告のキーワードの選定方法
  3. リスティング広告のキーワード選定の注意点
  4. キーワード選定に注力して費用対効果を上げよう

リスティング広告の基礎がわかる資料はこちら

リスティング広告はじめてガイド

リスティング広告はじめてガイド

概要からメリット・デメリットをわかりやすく解説

リスティング広告はキーワード選びが重要

リスティング広告は、設定したキーワードの一致条件を満たす語句をユーザーが検索した際に、広告を表示する仕組みです。つまり、ユーザーが検索し得るキーワードを設定しなければ、リスティング広告は表示されません。

商品やサービスを利用するユーザーが検索する可能性があるキーワードを知るためには、入念な調査と慎重な検討が必要です。また、リスティング広告経由のコンバージョンで得られる利益を超える予算は設定できないため、限られた予算の中で大きな効果が期待できるキーワードを選ばなければなりません。

このように、リスティング広告におけるキーワード選びは、コンバージョン率に大きく影響を及ぼします。

リスティング広告のキーワードの選定方法

リスティング広告のキーワードを選定する際は、事前のヒアリングや競合分析などが必要です。情報収集からキーワードの選定までの流れを詳しく見ていきましょう。

1.ヒアリングで情報収集

まずは、商品・サービスの理解を深めることが先決です。商品・サービスを深く理解している販売担当者、開発者などにヒアリングしましょう。商品・サービスのターゲット、強み・弱みなどを理解することで、選ぶべきキーワードの輪郭が見えてきます。

▼主なヒアリング項目

  • 取扱い商品・サービスの内容
  • 自社の強み
  • 想定ターゲット層、商圏エリア
  • 競合他社
  • 注力したいキーワード
  • KGIKPI

また、実際に商品・サービスを購入したユーザーへのヒアリング、SNS検索による情報収集、オンライン通販サイトのレビューの収集なども有効です。ユーザーが抱える悩みからは、検索語句のイメージがつくでしょう。

例えば、顧客管理ツールであれば「顧客管理 難しい」「顧客管理 大変」「顧客管理 効率化」などのキーワードが想定されます。

2.競合分析で自社の強みを明確化

商品・サービスの強み・弱みをより明確に知るためには、競合他社の商品・サービスとの比較が不可欠です。

特徴や価格、納期、コーポレートサイトに掲載されている内容などを参考にしましょう。競合他社の商品・サービスと比べて優れている部分、劣っている部分を明確にすることで、狙うべきユーザー層やそのユーザーが検索するキーワードが見えてきます。

優れている部分に訴求し、その機能を求めているユーザーが検索するであろうキーワードを設定することが大切です。

3.ターゲットニーズ分析

商品・サービスを購入するユーザーが求めていることを分析しましょう。まずは、ユーザーの年齢層や性別、商品・サービスを知ったきっかけ、購入理由などの情報を収集します。このときに利用したいのがサイトにアクセスしたユーザーの属性を確認できるツールです。

例えば、競合調査の代表的なツールであるSimilarWeb(シミラーウェブ)を使うと、他に訪問しているサイトや流入元、ユーザー属性などを簡単に確認できます。有料版の方がより多くの情報を確認できますが、まずは無料版を試してみることも一つです。

image1.jpg

SimilarWeb(シミラーウェブ)

4.メインキーワードを決める

メインキーワードとは、単体でも検索されることがあるキーワードのことです。リスティング広告で宣伝する商品・サービスが検索されるキーワードを考えましょう。

メインキーワードを決める考え方は、固有名詞(商品・サービス名)、ニーズ、タイミングなどユーザーが検索をする状況をイメージして設計していきます。例えば、テレワークで仕事用の椅子の購入を検討している人を想定すると以下のようになります。

  • 固有名詞:テレワーク 椅子
  • ニーズ:疲れない、おしゃれ、おすすめ、折り畳み
  • タイミング:椅子 肩こり、椅子 疲れる、椅子 腰が痛い

これらを組み合わせることでメインキーワードが決まってきます。

Google広告キーワードプランナーを利用してメインキーワードを調査

メインキーワードを決めるには、Google広告のキーワードプランナーを利用しましょう。調査したいキーワードの月間平均検索ボリューム競合性を素早く調査できるので便利です。広告ページの上部に表示された際の広告費用やインプレッションシェアも把握できます。

キーワードプランナー.jpg

Google広告キーワードプランナー

Google広告キーワードプランナーは、自分で想定したメインキーワードの確認だけではなく、ホームページから有効なキーワードを抽出することも可能です。URLを指定してスピーディーにキーワード候補を一覧で表示してくれるので便利です。

抽出したデータには月間検索ボリュームが含まれています。ここで注意したいのは、月間検索ボリュームが多いからといって、必ずしも自社が狙うべきキーワードであるとは限りません。ユーザーニーズと取り扱い商品・サービスとの関連性を確認しましょう。

また、月間検索ボリュームが多いキーワードは競合性が高い傾向にあります。競合性が高いと必要な予算が大きくなるため、考慮が必要です。

また、実際に広告を出したときのシミュレーションまで可能なツールであり、費用やコンバージョン数の見込みなども算出できます。リスティング広告キーワード選定には必須と言える存在でしょう。

5.サブキーワードを決める

サブキーワードとは、メインキーワードと掛け合わせるキーワードのことです。例えば、「テレワーク 椅子 おすすめ」「テレワーク 椅子 疲れない」「テレワーク 椅子 安い」などの掛け合わせが考えられます。掛け合わせるキーワードからは、ユーザーがそのキーワードで検索した理由が見えてきます。

「テレワーク 椅子 疲れない」であれば、現在使用している椅子は疲れが溜まりやすいので、身体への負荷を和らげる椅子を求めているかもしれません。 座り心地が良く、腰や肩に負担がかかりにく椅子であるなら、そのキーワードで出稿するのが有効となるでしょう。

自社の商品やサービスを必要とする人がどのような掛け合わせをして自社のサービスサイトにたどり着くのかを想定してみましょう。

サブキーワードの調査するには無料で使えるラッコキーワードがおすすめです。
メインキーワードを入力するだけで、関連するワードが表示されます。

ラッコキーワード.jpg
ラッコキーワード

6.マッチタイプを設定する

image2.jpg

引用:キーワードのマッチタイプについて - Google 広告

マッチタイプとは、リスティング広告を表示させるキーワードの条件のことです。上記はGoogle広告におけるマッチタイプの設定方法です。

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

これらを適切に設定することでリスティング広告を表示させるパターンを制御できます。

●完全一致

ユーザーが検索した語句がキーワードと完全に一致した場合にのみリスティング広告を表示させる設定

●フレーズ一致

ユーザーが検索した語句の中にキーワードが含まれており、キーワードの語順も一致している場合にリスティング広告を表示させる設定

●部分一致

ユーザーが検索した語句や関連キーワード、類義語などにキーワードの一部が入っている場合にリスティング広告を表示させる設定

7.除外キーワードを設定する

リスティング広告は、クリックすると課金される仕組みです。しかし、クリックしたユーザーが必ずしも商品・サービスを購入するとは限りません。購入する可能性が低いユーザーのクリックをなるべく減らすために、除外キーワードを設定しましょう。例えば、コンバージョンの見込みがない返品・キャンセル・故障などネガティブなキーワード、競合他社の商品・サービス名を含むキーワードは除外することが重要です。

リスティング広告の費用相場や予算について知りたい方はこちら

リスティング広告の費用相場と適正予算の決め方

リスティング広告の費用相場と適正予算の決め方

これさえ見ればリスティング広告の予算に迷わない!

リスティング広告のキーワード選定の注意点

リスティング広告キーワード選定する際は、次の注意点を押さえましょう。

入札単価と競合度を確認する

まずは、キーワードプランナーで入札単価と競合度をチェックします。入札単価は、1クリックあたりに発生する費用の上限です。入札単価が低いほどに費用を抑えられますが、入札単価が高い方が多くのユーザーの目に触れる可能性があります。

また、入札単価が低くても競合度が高い場合は、それだけクリックにつながりにくくなります。さらに、入札単価を高く設定すれば多くのユーザーの目に触れますが、1クリックあたりの費用が高いため費用対効果が低くなるリスクがあります。

入札単価と競合度のベストなバランスを決めたうえで、最適なキーワードを選定しましょう。

キーワード設定の上限数を理解する

リスティング広告は、設定できるキーワードの数に上限があります。Google広告アカウントごとに500万個、除外キーワードは1万個までです。Yahoo!広告はキーワードや除外キーワードなどを合わせて5万個が上限です。上限数に達して必要なキーワードを設定できなくなる事態を防ぐために、キーワードの必要性や妥当性について十分に考えましょう。

参照:Google 広告で設定できる項目の上限数について - Google 広告
アカウント・キャンペーン・広告グループに登録できる項目の上限数について Yahoo!広告

実際にユーザーがクリックするかどうか熟考する

そのキーワードで検索したユーザーが本当にリスティング広告をクリックするかどうか考えましょう。こういうユーザーはこのキーワードで検索することがわかっても、広告をクリックするかどうかはわからないものです。

例えば、「テレワーク 椅子 おすすめ」で検索したユーザーは、数ある椅子の中でどれが一番良いのか悩んでおり、人気のあるおすすめの椅子が一覧でまとまったコンテンツを求めています。一つの商品だけの紹介ページに興味をひかれない可能性があります。

リスティング広告の予算を余計に消費しないためにも、コンバージョンにつながるかどうかを十分に考えましょう。

キーワードのマッチタイプを理解する

キーワードを設定する際は、マッチタイプを確実に理解しておく必要があります。「適切に設定していればクリックを逃すことがなかった」とならないためにも、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

それぞれの注意点は以下です。

●完全一致での注意点

クリックにつながらないキーワードで検索したユーザーに広告が表示される心配はありません。しかし、検索ニーズを読み違えると、不適切なキーワードを設定してしまう恐れがあります。

●フレーズ一致での注意点

例えば、「顧客管理 方法」のフレーズ一致で広告を出稿した場合、「顧客管理 方法」の検索には広告を表示しますが、「方法 顧客管理」「顧客管理 簡単 方法」などの検索には表示されません。

●部分一致での注意点

例えば、「顧客管理 方法」の場合「顧客管理」か「方法」のどちらかの検索で広告が表示されます。クリックの見込みがないユーザーにも広告を表示してしまうため、部分一致の利用は最小限に留めておきましょう。

また、部分一致でキーワード設定した結果、予想しなかったユーザーに商品・サービスへのニーズがあることがわかるケースも少なくありません。そのため、いくつかのキーワードは部分一致で設定してみるのも一つです。

キーワード選定に注力して費用対効果を上げよう

リスティング広告は、キーワードを適切に設定してはじめて効果が発揮されます。まずは、自社にとって費用対効果が高いキーワードをツールを活用して見つけましょう。実際にリスティング広告を出稿し、その後に効果がないキーワードを除外します。マッチタイプも活用して、無関係のユーザーに広告を表示させないようにしましょう。

キーワードを適切に設定してもアクセス数やクリック率に課題が残る場合は、他に原因があるかもしれません。リスティング広告のパフォーマンスを高めたい方は、こちらの資料もぜひチェックしてみてください。

リスティング広告についてもっと詳しく知りたい方はこちら

リスティング広告でおさえるべきポイント10選

リスティング広告でおさえるべきポイント10選

リスティング広告「専業のプロ」が伝授する『おさえるべきポイント10選』