マーケティングを効率的におこなうためには、顧客との向き合い方が重要となります。特に一度獲得したリストの扱い方によって、その後のビジネスの伸び方が変わってくることも珍しくないでしょう。

しかし顧客の情報ひとつひとつに手作業でアプローチすることは、時間的にも作業効率的にも得策とはいえません。そこで注目されているのがCRMツール。顧客情報をまとめて管理し、コミュニケーションを円滑にする効果があります。

企業でも多く導入されていますが、いきなりコストをかけてまで利用するにはハードルを感じる人もいるでしょう。そこで、この記事では無料のツールを厳選して8つ紹介していきます。有料版との違いも紹介するので、参考にしてCRMツールの導入に役立ててください。

CRMツールの種類

まずはCRMツールの種類について触れておきましょう。ツールには2種類あり、そのどちらを選ぶかで活用する範囲が変わってきます。そこで最初に大まかな分類を理解して、ツールの活用の準備を進めていきましょう。

オープンソース型

無料で幅広い機能を活用したいのであれば、オープンソース型のツールを活用するのがおすすめです。ソフトウェアが無料で提供されているだけでもありがたいといえますが、最大の特徴は必要な機能に応じてソースコードを改変できる点といえます。

自社の活用方法に適した機能を拡張するというニーズにも応えることが可能です。コストをできるだけかけずに、CRMツールを最大限活用したい場合は、オープンソース型のものから探していくとよいでしょう。

クラウド型

クラウド型はオープンソース型と違い、サービスの提供元のサーバーにアクセスすることで利用可能です。導入のコストが少ないことから、今すぐにでも活用していきたいといった場合に適しています。

インターネットを活用していることから、端末を選ばず活用ができるので使いやすいでしょう。ただし外部のサーバーに情報を預ける形になるので、セキュリティ面で心配となるケースもあります。慎重に選択してください。

有料版と無料版の違い

今回は無料版のツールを紹介していきますが、本来は有料のものを活用するのがおすすめです。そのため知識として無料と有料の違いについても触れておきます。違いがわかった上で自社に最適なものがわかれば、どちらを活用しても満足度は高くなるでしょう。それでは早速見ていきましょう。

無料版の機能には限界がある

無料版では機能に制限が設けられているケースがあります。オープンソース型は自社で拡張していけば問題ありませんが、クラウド型では十分な機能が活用できなくなることもあります。

それぞれのツールによってメリットとデメリットがあるので、有料・無料にかかわらず効果を出せるものを活用するのがおすすめです。そこでまずは無料版から試してツールの使用感を試し、有料版に移行するなどの流れをとっていくのがよいでしょう。

有料版はサポートが充実している

CRMツールを活用する目的を考えてみましょう。顧客とのコミュニケーションを円滑にして、業績を伸ばしていくことが主な目的と考えられます。有料版のツールを活用すると、結果を出すために必要なサポートが受けられる可能性が高いです。

ツールを導入したとしても、いきなり使いこなすのは難しいでしょう。ツールを効果的に利用するための補助があれば、最短距離で結果を出すことにつながります。これらはツールの満足度にもつながるので、導入前に確認しておくのがおすすめです。

有料版は成果につなげるための重要な機能が利用できる

有料版と無料版の違いとして簡単に想像できるのが、機能の差でしょう。CRMツールで結果を出すためには、ツールを通して得たデータを分析し、次に活かすことが求められます。有料版ではこれらの工程を助ける機能が拡張されていきます。

CRMツールを活用して業績を伸ばした企業がいますが、その多くも有料版の優秀な機能の恩恵を受けています。予算に余裕があり、自社の目的に沿ったツールがあるのであれば、一度有料版を試してみるのもよいのではないでしょうか。