企業がビジネスを円滑に進めていくためには、さまざまな施策を打つことが必要になります。その手段は多岐にわたり、目的に応じて最適なものを選んでいくことが求められるでしょう。

ビジネスをおこなう上で効果的なアプローチというものは、顧客に対して適切な行動を起こしていくことです。どれだけ斬新で新しい方法であったとしても、顧客に合った手法でなければ意味がありません。この記事では、電話を活用した、濃いアプローチを可能とするテレマーケティングについて紹介します。

テレマーケティングにおける導入のメリットや成功するためのポイント、より成果に結びつけるために役立つアイデアについて紹介します。

テレマーケティングとは

まずテレマーケティングそのものについて簡単に説明します。テレマーケティングは名前にある通り、電話を活用したマーケティング手法です。電話を活用することで、見込み客や顧客に対して濃いアプローチをすることが可能となっています。

電話を活用して直接コミュニケーションをとっていくので、相手の属性に応じた柔軟な対応ができる点が特徴です。個別に最適化された内容を伝えられるので、不特定多数に向けられた施策よりも成約につなげられるでしょう。

テレマーケティングの仕事内容

次はテレマーケティングの仕事内容について説明していきます。実際におこなっていることを具体的に知ることで、導入する際にイメージが湧きやすくなるでしょう。またコールセンターとの違いについても解説するので参考にしてください。

電話を活用したダイレクトマーケティングの1種

テレマーケティング電話を活用したダイレクトマーケティングです。顧客や見込み客に必要な情報を提供することで、自社の商品やサービスの業績を伸ばしていくことが主な目的です。

テレマーケティングには大きく分けて2つのケースがあります。かかってきた電話に対応するインバウンド方式と、電話をかけてアプローチするアウトバウンド方式です。

インバウンド方式では、商品に興味のある見込み客からの電話で商品の訴求をおこなっていきます。あらかじめ商品やサービスについて関心が高い属性を持っていることから、成約や受注までのハードルが低いことが特徴です。

アウトバウンド方式では、メルマガなどを通して得られたリストから見込み客に対してアプローチしていきます。あらかじめ商品への関心が高いユーザーを対象としているので、効率的な営業活動が実現するでしょう。

コールセンターとの違い

コールセンターとテレマーケティングの違いについて説明していきます。同じように思われがちですが、実際には役割が異なるため注意が必要です。

コールセンターは、基本的に外注をおこない、電話対応の労力を削減するために利用されます。顧客からの問い合わせなど、電話対応の一部を請け負うという形です。

対してテレマーケティングの場合は、電話を活用した営業活動がメインとなるため、自社内で業務をおこないます。商品について熟知していること、相手の属性に応じて最適な内容を届けることが求められるため、自社内で完結するケースが多いといえます。