予定やイベントなどを随時更新できるカレンダーがサイト上にあるだけで、BtoCのビジネスをやっている方であれば非常に役に立ちます。
プラグインですので、新たに作る必要もなく簡単に設置や編集も可能ですので取り入れてみてもいいでしょう。

今回はそんなサイトに随時情報をアップできるWordPressのカレンダープラグインについて、オススメのものをご紹介します。

カレンダーが実装できるWordPressのプラグイン

1.Google Calendar Events

Google_Calendar_Events.jpg
https://wordpress.org/plugins/google-calendar-events/
サイト上で使われているカレンダーとしては、最も有名なのがGoogleカレンダーです。
Googleカレンダーと連携させることができるカレンダープラグインです。
このGoogle Calendar Eventsはレスポンシブ対応ですので、スマホユーザーが多いサイトでも安心して使う事ができます。

デフォルトでは味気ないデザインのGoogleカレンダーですが、プラグインを入れてCSSを編集することでデザイン性の高いカレンダーとして使うこともできます。

2.WP Simple Booking Calendar

WP_Simple_Booking_Calendar.jpg
https://wordpress.org/plugins/wp-simple-booking-calendar/

カレンダーを複数の色で色分けできるプラグインです。活用シーンとしては、営業日と休業日を色分けして表示することができます。
操作性が非常にシンプルで簡単なため、あまり慣れていない人でも操作することができます。

管理画面で任意の日にちの色を選択するだけですので、瞬時に編集することが可能です。

3.Event Organiser

Event_Organiser.jpg
https://wordpress.org/plugins/event-organiser/

詳細なイベント情報などを表示できるカレンダープラグインです。
カレンダーに日時と場所、イベント詳細を記入でき、Googleマップとの連携もできます。
Googleマップとの連携はフォームに住所を入れるだけで、自動で表示してくれるのでお手軽です。

また自動でイベント詳細ページも生成してくれるため、より詳しい情報も告知することができます。

4.My Calender

My_Calender.jpg
https://www.joedolson.com/my-calendar/
非常に簡単な操作でサイト上にカレンダーを表示できるプラグインです。
カレンダーを表示させるための操作は、わずか3箇所の入力だけと非常にシンプルなのが特徴です。
カスタマイズとして、イベントの繰り返し設定や詳細ページへのリンク設定も可能です。

多機能なカレンダーは必要ないがシンプルに使いたい、という場合にオススメのプラグインです。

5.BizCalendar

Biz_Calendar2.png
https://wordpress.org/plugins/biz-calendar/
定休日などを表示するのに便利なプラグインです。指定した曜日を定休日として一括で設定したり、祝日を自動的に定休日にしたりなど、手間をかけずに操作ができるため初心者にも使いやすいカレンダーといえます。

ページ移動をせずに前月・翌月を表示できるのも強みです。

6.All-in-one Event Calendar

Aii-in-one_Event_Calendar.jpg
https://wordpress.org/plugins/all-in-one-event-calendar/
使いやすいシンプルなカレンダーを固定ページに表示するプラグインです。
任意のショートコードを記入するだけで、簡単にカレンダーページを作れるのが強みです。
表示したカレンダーはGoogleカレンダーやiCalと連携ができるので、複数のカレンダーとの連携が取りやすいです。

イベントの費用や場所、連絡先も記入できるので有料イベントでの使用に向いています。

7.The Events Calendar

The_Events_Calendar.jpg
https://ja.wordpress.org/plugins/the-events-calendar/
The Events Calendarではカスタム投稿を用いてイベントを投稿するタイプのカレンダーです。
これによって記事投稿を行うような間隔でイベントを投稿することができるため、操作に慣れやすいかと思います。
イベントは一度登録するとプルダウンでの選択ができるため、繰り返しのイベントを登録する目的に向いています。

住所入力をすることでGoogle Mapとの連携もできるので、勉強会やライブなどに使いやすいです。

8.Sugar Events Calendar Lite for WordPress

Sugar_Events_Calendar_Lite.jpg
https://ja.wordpress.org/plugins/sugar-calendar-lite/
非常にシンプルで使いやすいプラグインです。こちらもショートコードを固定ページに貼り付けるだけで使えるため、操作に慣れていなくても設定しやすいです。
デザインはどんなサイトにも馴染みやすそうなクセのないものです。

ただしスマートフォンでのスピードが若干遅いのが難点かもしれません。

9.Ajax Event Calendar

Event_Calendar.jpg
https://ja.wordpress.org/plugins/ajax-event-calendar/
管理画面が特徴的なカレンダープラグインです。
実際に表示されるものと同じ状態で編集ができるため、直感的な操作ができます。

コードやタグのことを考えるのが面倒な方にもシンプルに使いやすいプラグインだと言えるでしょう。

まとめ

これらのプラグインを活用することで、多彩なカレンダーをサイト上に表示することができるようになります。
営業日のお知らせからイベントの告知まで様々な使い方が可能です。それぞれのプラグインで、機能性やデザイン、操作性などに特徴があります。

使う目的を考えて、より目的に沿ったプラグインを選んで使ってみていかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

アクセス解析が捗るWordPressオススメのプラグイン15選
【2015年版】商用無料の人気フリーフォント35選
【必須スキル】2015年は入力速度を上げる!見ないで打てる簡単タイピング術

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう