2015年9月2日よりGoogle AdWordsからGmail広告の提供が開始され、Gmailユーザーに対して広告訴求ができるようになりました。

Gmail広告は、メールの情報をもとに広告が表示されるため、ユーザーとのマッチした広告を自然に訴求できる点が大きな特徴です。
今回は、Gmail広告出稿手順について解説します。広告の新たな出稿先を検討している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

リスティング広告の広告文の作り方
GoogleAdWordsとYahoo!プロモーション広告のテキスト広告における違い
5分でマスター!「リスティング広告」

Gmail広告の出稿方法

STEP1.

Google AdWordsの管理画面から「ディスプレイネットワークのみ」のキャンペーンを作成します。
1.png

キャンペーン名を入力してマーケティングの目標を選択します。
その他、地域や予算を手順に従って設定してください。
2.png

STEP2.

次に広告グループを作成します。
広告グループ名や、拡張クリック単価などを設定しましょう。

広告のターゲットの選択」では「別のターゲティング方法を使用」を選択してください。
「ターゲティング方法を選択」というボタンが表示され、クリックするとプルダウンメニューが現れるので、この中から「プレースメント」を選択してください。
3.png

STEP3.

プレースメントを編集する画面が表示されるので、画面下部にある「複数のプレースメント」をクリックします。
4.png

「複数のプレースメントをまとめて追加」という画面がポップアップ表示されるので「mail.google.com」と入力して「追加」をクリックしてください。
5.png

STEP4.

キャンペーン広告グループの設定が完了したら次に広告を追加していきます。広告グループの編集画面の中で、赤いボタンで表示されている「広告」をクリックするとプルダウンメニューが表示されますので「広告テンプレート」を選択してください。
6.png

STEP5.

広告テンプレート」の選択後、テンプレートを選択できる画面が表示されますので「Gmailの広告」を選択してください。
7.png

Gmailの広告では、以下の4種類から出稿方法を選択することができます。

・画像テンプレート
・シングルプロモーション
・マルチ商品テンプレート
・カスタムHTMLアップロード

それぞれの解説は、別途下部で記載しています。

STEP6.

今回は「画像テンプレート」を選択しました。選択後、広告プレビューを確認しながら広告名やランディングページURLなどの情報を入力し、ロゴやメイン画像のアップロードも行ってください。最後に広告を保存すれば設定完了です。
8.png

Gmail広告の種類

以下では、Gmail広告における4種類をそれぞれ解説しています。

1.画像テンプレート

Untitled.png

最大で650×1000ピクセルの画像を挿入し、ユーザーに視覚的なインパクトを与えることができるタイプです。
ロゴや説明文も挿入できるので、ユーザーに多くの情報を訴求することができます。

ロゴ:ロゴ画像をアップロード(144×144ピクセル)
広告主:会社や事業名(半角で最大15文字、全角で最大7文字)
件名:見出し(半角で最大25文字、全角で最大12文字)
説明:広告の説明文(半角で最大100文字、全角で最大50文字)
イメージ:横650ピクセル、縦300〜1000ピクセル以内のイメージ画像

手間をかけずに、まずはイメージ画像でユーザーへ訴求したい場合に最適です。

2.シングルプロモーション

Untitled_(1).png

「画像テンプレート」タイプに加え、テキストの掲載枠がありますのでより長い説明文を挿入することができるタイプです。

ロゴ:ロゴ画像をアップロード(144×144ピクセル)
広告主:会社や事業名(半角で最大15文字、全角で最大7文字)
件名:見出し(半角で最大25文字、全角で最大12文字)
説明:広告の説明文(半角で最大100文字、全角で最大50文字)
イメージ:横300ピクセル、縦200〜500ピクセル以内のイメージ画像
広告見出し:見出し(半角で最大25文字、全角で最大12文字)
コンテンツ:広告の説明文(半角で最大1024文字、全角で最大512文字)
行動を促すフレーズのボタン:ボタンテキストの変更が可能(半角で最大20文字、全角で最大10文字)

イメージ画像の横に説明文を記載することができるので、オススメの商品を大きく掲載してテキストで内容を紹介をするなどの場合に最適です。

3.マルチ商品テンプレート

Untitled_(2).png

最大6までのイメージ画像を掲載することができるタイプです。
基本的な表示項目は、シングルプロモーションと同じですが、イメージごとの説明文は記載できません。

複数の商品を、イメージ画像で紹介する場合などに最適です。

4.カスタムHTMLアップロード

カスタムHTMLをアップロードして、自由度の高い広告を作成することができるタイプです。例えば、Gmailボックス内に入力フォームを表示させたり、スマートフォン上であればワンタップで電話発信が行えるボタンの設置などをカスタムHTMLで実装できます。
詳しい作成手順については、Google AdWordsの公式ヘルプページを参照ください。
Google AdWordsの公式ヘルプページ

※この広告タイプは、HTMLの知識がある方向けのフォーマットです。

まとめ

Gmailというユーザーのプライベートな場所に広告を配信することになるので、ユーザーになるべく邪魔に感じさせずに興味関心をひきつけなくてはなりません。
また、これまでの広告は、広告をクリックすると広告主のWebサイトへ遷移していましたが、Gmail広告は、テキスト広告をクリックすると画像が画面いっぱいに表示されます。

これらを踏まえて、Gmail広告はこれまで以上に見込みユーザーに対しては強い訴求力を持つと考えられますので、よりユーザーの目線を意識した運用を行うとよいでしょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

リスティング広告の広告文の作り方
GoogleAdWordsとYahoo!プロモーション広告のテキスト広告における違い
5分でマスター!「リスティング広告」

このニュースに関連したカリキュラム

運用:リスティング広告の広告文の作り方

運用:リスティング広告の広告文の作り方

Yahoo!プロモーション広告もGoogle AdWordsもいずれも出稿できる、広告文と説明文とで文字数制限があります。全角文字で12文字、15文字など具体的に決まっています。そのなかで、できるかぎりユーザーに響くようなキャッチフレーズを考え、集客を目指したいものです。タイトルとデスクリプションからTDとも言います。