2015年9月2日よりGoogle AdWordsからGmail広告の提供が開始され、Gmailユーザーに対して広告訴求ができるようになりました。

Gmail広告は、メールの情報をもとに広告が表示されるため、ユーザーとのマッチした広告を自然に訴求できる点が大きな特徴です。
今回は、Gmail広告出稿手順について解説します。広告の新たな出稿先を検討している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

リスティング広告の広告文の作り方
GoogleAdWordsとYahoo!プロモーション広告のテキスト広告における違い
5分でマスター!「リスティング広告」

Gmail広告の出稿方法

STEP1.

Google AdWordsの管理画面から「ディスプレイネットワークのみ」のキャンペーンを作成します。
1.png

キャンペーン名を入力してマーケティングの目標を選択します。
その他、地域や予算を手順に従って設定してください。
2.png

STEP2.

次に広告グループを作成します。
広告グループ名や、拡張クリック単価などを設定しましょう。

広告のターゲットの選択」では「別のターゲティング方法を使用」を選択してください。
「ターゲティング方法を選択」というボタンが表示され、クリックするとプルダウンメニューが現れるので、この中から「プレースメント」を選択してください。
3.png

STEP3.

プレースメントを編集する画面が表示されるので、画面下部にある「複数のプレースメント」をクリックします。
4.png

「複数のプレースメントをまとめて追加」という画面がポップアップ表示されるので「mail.google.com」と入力して「追加」をクリックしてください。
5.png

STEP4.

キャンペーン広告グループの設定が完了したら次に広告を追加していきます。広告グループの編集画面の中で、赤いボタンで表示されている「広告」をクリックするとプルダウンメニューが表示されますので「広告テンプレート」を選択してください。
6.png

STEP5.

広告テンプレート」の選択後、テンプレートを選択できる画面が表示されますので「Gmailの広告」を選択してください。
7.png

Gmailの広告では、以下の4種類から出稿方法を選択することができます。

・画像テンプレート
・シングルプロモーション
・マルチ商品テンプレート
・カスタムHTMLアップロード

それぞれの解説は、別途下部で記載しています。

STEP6.

今回は「画像テンプレート」を選択しました。選択後、広告プレビューを確認しながら広告名やランディングページURLなどの情報を入力し、ロゴやメイン画像のアップロードも行ってください。最後に広告を保存すれば設定完了です。
8.png