Googleアナリティクスの導入方法

ではツールの紹介したところで、定番ツールであるGoogleアナリティクスの導入方法について解説します。このツールが十分に活用できるのであれば、アクセス解析を高いレベルで実施できるでしょう。ぜひこの機会に活用してみてください。

1.Googleアカウントがあれば利用可能

Googleアナリティクスは、Googleアカウントを持っていれば無料で活用可能です。まずはアカウントにログインしたのち、Googleアナリティクスに登録していきます。

  • トラッキングの対象
  • アカウント
  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトのURL
  • 業種
  • タイムゾーン
  • データ共有設定

以上の情報を入力すれば、トラッキングIDの取得が可能です。

2.取得したトラッキングIDを自社サイトと紐づけ

トラッキングIDの取得が完了したら、自社のサイトと連携をおこなっていきます。ここでは、多くの企業が使用しているWordpressでの設定方法を見ていきましょう。

  1. Googleアナリティクスでトラッキングコードをコピー
  2. Wordpressダッシュボードで「外観」→「テーマ」→「テーマの編集」を選択
  3. 「テーマの編集」内で「テーマヘッダー」を表示
  4. タグの終了タグの前に、トラッキングコードをペースト
  5. ファイルを更新

以上の手順を踏むことで、サイトとGoogleアナリティクスの連携は完了します。ぜひ参考にして進めてみてください。

Googleアナリティクス活用のポイント

ではGoogleアナリティクスを上手に活用するためには、何をすればよいのでしょうか。素晴らしいツールを手にしたとしても、効果を得られるのは適切な使い方をした場合のみです。Googleアナリティクスを有効に活用するためのポイントを紹介します。

オーディエンスレポートで顧客属性を把握

Googleアナリティクスのメリットとして挙げられるのが、サイトの訪問者の反応を細かく確認できることです。オーディエンスレポートを上手に活用することで、サイトの現状ととるべきアプローチを分析することが可能になります。

ページビュー数やセッション数などをもとにしてサイトへの反応を知ることは、次の施策のヒントとなるでしょう。

各種データを分析し自社の課題を明確にする

アナリティクスではさまざまなデータが手に入ります。サイトのアクセス状況を複数の視点から見ていくことは、サイトがどこに向かっているのかを知るのに役立つでしょう。分析を続けていくことで対応力も高まり、サイトの質の向上も見込めます。

サイトが抱える問題を可視化するのもよし、顧客がどのようなものを評価しているのかを数字をもとに突き詰めるのもよし。Googleが示す情報を読み解き、次なる最適解を求めることが重要です。

レポートを読み解き自社サイトの強みを知る

Googleアナリティクスのレポートを読み解くことで、自社サイトの強みが明確になります。競合との差を広げていくためには、何が武器となるのかを理解しておく必要があります。課題を発見することだけでなく、他と比べて長けている要素も洗い出してみましょう。

特によく見られているページを深く分析しておくと、ニーズのある要素を明確にすることが可能です。訪問者にとって求められているのものを理解し、ビジネスを促進していきましょう。

リアルタイムレポートは現状把握に最適

自社サイトの課題や強みを知ることは重要ですが、日常的な現状把握も運営には重要となります。大きな指針を軸として微調整をおこなっていくことで、大きなエネルギーをかけることなく、サイト運営を良好に保つことが可能です。

もしGoogleアナリティクスを有効活用したいのであれば、日常的な現状把握と定期的なサイト分析の2つの軸で進めていくとよいでしょう。