DWHと似たツールとの違い

DB(データベース)やBI(ビジネスインテリジェンス)などの用語は、DWHと利用シーンが似ているため混同されやすい傾向です。ただし、各ツールは機能や役割が異なるため、違いを正しく理解する必要があります。

DWHと似たツールとの違いは次の通りです。

DBとの違い

データを保存するためのシステムはDBと総称されます。そのため、DWHはDBの一種と捉えることが可能です。

一般的なDBとDWHの違いとして次の点が挙げられます。

データ容量

一般的なDBと比べて、DWHは保存できるデータ容量が大きい傾向です。

データの保存期間

一般的なDBでは、保存されたデータの削除や上書きが行われます。一方、DWHに格納されたデータは削除や上書きをされず、長期的に保存される点がDBとの違いです。

データの保存形式

一般的なDBでは、データの保存形式に制限があります。そのため、形式の異なるデータを保存する場合、複数のDBが必要です。一方、DWHでは形式の異なるデータを1つに統合して保存できます。

BIとの違い

BIとは企業が保有するデータを分析し、経営に役立てるためのツールです。BIがデータの分析ツールであることに対して、DWHはデータの保存と整理を目的としたツールであることが両者の違いとなっています。

DWHに格納されたデータを、BIツールによって分析しレポートを出力するなどの使い方も可能です。

データレイクやデータマートとの違い

データレイクとは、さまざまなデータをそのままの状態で保存するシステムです。表形式となっていない、画像ファイルや動画ファイルなどもデータレイクに格納されます。データをサブジェクト別に整理したり、分析しやすい形で統合したりしない点が、DWHとデータレイクの違いです。

一方、データマートとは利用目的に応じて整理されたデータが保存されるシステムを表します。DWHは企業が扱うすべてのデータを保存することに対して、データマートは目的に合わせたデータのみを保存することが主な違いです。

DWHが活用される主な場面

DWHに保存されたデータは、ビジネスにおける様々な用途で活用されます。DWHが活用される主な場面は次の通りです。

小売店におけるPOSデータの分析

小売店のPOSシステムによって収集される販売データや顧客データは、DWHに保存することで業績の向上に活用されます。

POSシステムとDWHを連携することで、小売店のPOSに入力されたデータを効率よく管理し、スピーディな分析が可能です。季節や地域ごとのデータをDWHに蓄積すると、商品の仕入れや販売戦略の立案に活用できます。

カスタマーサポートの品質向上

顧客の購買履歴や過去のやり取りをDWHに保存することで、カスタマーサポートの品質向上が可能です。

DWHでは顧客に関する過去データが時系列に沿って整理されているため、担当者にかかわらず顧客の属性や好みが把握できます。DWHに保存されたデータをもとに顧客対応を行うことは、的確なサポート提供だけでなく、対応にかかる時間の短縮にも効果的です。

ECサイトの売上改善

ECサイトにおける取引履歴や顧客情報、アクセス解析データなどをDWHで管理すれば、売上改善に役立つ情報が得られます。

例えば、特定のユーザー層に人気の商品を分析し、購入してもらえる見込みの高いユーザーにセールスを行うなどの施策が可能です。

前回の購入から一定期間休眠状態の顧客にアプローチしたり、新たな商品を企画したりする際にもDWHが役立ちます。また、新規顧客の流入経路と購買履歴のデータを結び付けることで、広告戦略の立案も可能です。