コンバージョンとは、Webサイトをきっかけにどれだけ自社ビジネスの成果を獲得できているかを示す重要な指標のひとつです。そして、このコンバージョンはGoogleアナリティクスを使って日々、追跡することが可能です。

そこで本記事では、Googleアナリティクスを使ったコンバージョンの見方や設定方法について、「コンバージョンとは何か?」という基礎知識から、具体的な設定手順までを解説します。

「ユーザー行動分析」と「ユーザー行動予兆」での次の一手がわかる世界No.1のプロダクト解析ツールはこちら

「ユーザー行動分析」と「ユーザー行動予兆」での次の一手がわかる世界No.1のプロダクト解析ツールはこちら

行動分析のみならず、サービス改善の示唆をだし、施策系ツールとのデータ連携を実現。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、大まかに言うとWebサイト運用上の「目標」のことで、略して「CV」とも言われます。ビジネスでWebサイトを運営しているからには、「集客につなげるため」「売上を作るため」などそれぞれのサイトによって何らかの目標があるはずです。その目標を達成し、成果を獲得することを「コンバージョン」と言います。

コンバージョンという単語を直訳すると「転化、転換」といった意味合いになりますが、Webマーケティングの世界では、「施策」という種まきから成果が生まれ、その「成果」を獲得する、刈り取る、といった意味合いで使われていることが多いです。

コンバージョンとは、Webサイトを運営していくうえでの最重要指標だとも言えます。ビジネスの目標達成プロセスを定量的な指標とすることで、ビジネスのどこに課題が潜んでいるのか可視化できるためです。

そして、GoogleアナリティクスをはじめとするWebアクセス解析ツールを活用することで、「ビジネス上の課題を可視化する」という部分が可能になるのです。

サイトによってコンバージョンの定義はさまざま

コンバージョンの定義は、サイトや業種によってさまざまです。次の表で、代表的な例を見てみましょう。

業種 コンバージョンの例
ECサイト 商品購入
生保、ネット銀行 ・サービス申し込み
・資料請求
旅行、宿泊サイト 予約発生
不動産 ・資料請求
・お問い合わせ
マッチングサイト マッチング発生
コーポレートサイト フォームからの問い合わせ
ホワイトペーパーダウンロード

図1:コンバージョンの例

「コンバージョンの例」では、それぞれの業種において「ビジネスが加速するトリガーになるユーザー行動」を挙げていますが、これらはあくまで「例」であり、コンバージョンの定義とはWebサイト運営者が自社の業種に適したものを決めるべきです。その際、「どんなユーザー行動を最大化すれば自社ビジネスの成果につながるか?」という視点で考えてみるといいでしょう。