Pardotの導入事例

image4.jpg
出典:B2Bのマーケティングの自動化その利点を詳しくご紹介します

ここからはPardotの導入事例について紹介していきます。ツールがどのような効果を出すのかは、実際に活用している企業の状況を見るのがわかりやすいでしょう。そこでいくつかの導入パターンの中から、3つを厳選して紹介していきます。

導入によって問い合わせが増加

株式会社アースコムでは、導入した結果問い合わせが200%超えを達成。見込み客へのアプローチに長けているPardotの特性を活かし、機会損失を激減させるという効果を得ています。メール機能や営業活動の可視化によって、マーケティング体制も改善され、さまざまな課題解決に貢献しているといえるでしょう。

オフライン営業にも効果的

Pardotはオフライン営業にも効果を発揮します。全保連株式会社では、不動産業界での営業担当との接触が減り、ビジネスチャンスが失われつつありました。そこでPardotを活用することで、顧客に合わせた施策が可能に。DMの開封率が激増し、これまで反応がなかった代理店からの反応の獲得を成功させています。

顧客へのサービスを充実化

MAツールを導入する目的の多くが、顧客のことを深く理解するということ。関電不動産開発株式会社では、顧客のニーズをツールで理解し「おもてなし」の向上に役立てています。これまでは上手くマーケティングと営業の連携が取れていないのが課題でした。しかしPardotによって連携の改善や顧客1人1人へのサービスを充実させています。

Pardotの利用価格

image1.jpg
Pardot は、Salesforce 顧客向けの B2B マーケティングオートメーションソリューションです。

最後に利用価格について見ておきましょう。Pardotには4つのプランが存在しており、プランによってコンタクト数の上限が異なります。そのためより多くの顧客を相手にしているの企業は、上位プランを選択するのがよいでしょう。また上位プランは、Salesforceの他のツールも活用できるため、目的に合えば幅広い使い方が可能です。

Pardotでビジネスの伸びしろを最大化

ビジネスの基本は、顧客の課題を解決して価値を提供すること。Pardotはそのニーズを深く理解するために必要不可欠なツールです。これから導入を検討されているかたは、まず無料トライアルから試してみましょう。それでも運用できると判断できたのならば、心強い味方となってくれるはずです。

関連記事

Pardot(パードット)ってどんなMAツール?機能や特徴などを紹介

Pardot(パードット)ってどんなMAツール?機能や特徴などを紹介

Pardot(パードット)は、Salesforceと連携して使える優れたMAツールです。この記事では、Pardotの特徴や機能、導入事例などをご紹介します。MAツールを探している方やSalesforceを利用している方に特にお役立ていただける内容です。

Google Analytics 360とSalesforce Marketing Cloudのデータ連携でできることとは

Google Analytics 360とSalesforce Marketing Cloudのデータ連携でできることとは

マーケティングツールの提供元のパートナーシップの広がりは、マーケターの仕事に大きな影響を与えます。Salesforce Marketing CloudとGoogle Analytics