「旅するマーケター」西井敏恭が、マーケティング分野で注目の人物にインタビューをする連載企画。

第3回は、ライフスタイル提案メディア「Locari」を運営する株式会社ワンダーシェイクのCEO、鈴木仁士氏にお話をお伺いしました。

ワンダーシェイクは、鈴木氏が大学4年の2011年に設立。現在地の近くにいる人と共通の趣味や関心を通して出会うことができるサービス「ワンダーシェイク」をリリースし、注目を集めます。

現在は、ライフスタイル提案型のメディア&アプリ「Locari」を運営。サービスリリースから急成長を続けています。

高3のとき「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで金融を意識

1記事目_1枚目.jpg

西井:現在おいくつなんですか?

鈴木:27歳です。

西井:会社を作ったのは学生のときということですが。

鈴木:大学4年生で会社を作りました。21歳のときです。

西井:周囲で起業されている人が結構いたんですか?

鈴木:全然いませんでしたね。僕、海外に10年くらい住んでいたんです。

親が総合商社に勤めていて、2歳でナイジェリアに行きました。2年くらいで日本に帰ってきて、小学4年生のときにロンドンに行きました。
ロンドンには6年間いました。

西井:クラスメイトに日本人はいたんですか?

鈴木:学校に1人いるくらいですね。まったく英語ができない状態で行ったので、結構辛い思いをしました。

ロンドンにはいろいろな人種がいるじゃないですか。そういう環境で多感な時期を過ごしたということもあって、世界を意識するようになりました。
日本で仕事をするということを思ってもみなかったという。

西井:海外で仕事をしようと思っていたのですね。

鈴木:親の駐在が5年間と決まっていたので、高校は日本に戻ろうということになりました。高校は帰国子女が多い国際基督教大学(ICU)高等学校を選びました。
自分はイギリス英語だったんですが周りはアメリカ英語で、コンプレックスを感じていました。結局高校3年間でアメリカ英語になったんですけどね(笑)。

高校3年生のとき、いろんな本を読んでいたんですが、たまたま「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで金融の世界を知りました。
投資銀行は資金運用をするみたいな。そういう世界を初めて知っておもしろいなと思いました。最短で稼いで、30代40代から余生を楽しもうみたいな感じで。

03.jpg

西井:10代で「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだんですよね。僕読んだの、30代半ばですよ。その時点で10数年出遅れている(笑)。

鈴木:高校3年生のときは、やりたいことが決まっていなかったので、そのままICUへ推薦で入学しました。大学に入ったら経済や金融を学んで、ゴールドマンサックスなどの外資系投資銀行に就職しようと思っていたんです。

まだリーマン・ショック前で、そういう職業が花形みたいな感じでしたし。

西井:鈴木さん本人としては、挫折とかあったと思うんですが、普通に見たら超エリートですよね。とりあえずICUみたいな。
普通、ICU入るのはすごくたいへんな気がするんですが。

鈴木:ICUは帰国子女で英語ができれば、たいてい入れますよ。