これからマーケティングを勉強しようとしている方は、どのように進めようと考えていますか?
Web上で学べることは多数ありますが、やはり最初は書籍から学ぶべきです。
知識が整理され、体系化された書籍を数冊読めば、マーケティングの基本的な概念が理解できるでしょう。

今回は、初心者向けのマーケティング解説書籍をまとめました。

1.ドリルを売るには穴を売れ(佐藤 義典)

ドリルを売るには穴を売れ
この書籍タイトルは、「商品ではなく価値を売れ」ということを意味しています。

MBAを取得したマーケティングのプロが、小説を織り交ぜながらマーケティングの基本から本質を解説しています。
マーケティングの基本を学ぶ書籍としては最適でしょう。

2.この1冊ですべてわかるマーケティングの基本(安原 智樹)

この1冊ですべてわかるマーケティングの基本
この本は「マーケティングとは何か」「ブランディングとは何か」という質問に対して明確な答えを出せる事例やヒントが詰まった一冊です。

0からマーケティングを勉強したい方には難しいと感じる内容が含まれているかもしれません。
ですが、手元において繰り返す読むことで有益な情報を得られることは間違いないでしょう。

3.コトラーのマーケティング・コンセプト

コトラーのマーケティング・コンセプト
マーケティング業界で最も著名な人物として挙げられるのがアメリカの経営学者フィリップ・コトラーです。

こちらの書籍は、彼の膨大な著書の中から特に重要な80のコンセプトを抽出して解説を加えた一冊です。
各章ごとの完結型でかかれていますので、分からないことがあった時に必要な部分だけ抜き出す辞書のような使い方も可能です。