動画を活用したSNSマーケティングは、今急激に成長しているトレンドマーケティングです。SNSと動画は相性が良く、ユーザーとのタッチポイントも多く設けられるため、SNSで配信される動画広告は認知度アップからコンバージョン率アップまで幅広く活用できます。

この記事では動画マーケティングの基礎知識やメリットを踏まえたうえで、YouTube、Instagram、Facebookなどの各SNSでの動画広告のコツ、さらには成功事例まで詳しく解説します。必読のPDF資料も紹介しているので、SNSマーケティングを担当している方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 動画マーケティングのメリットと必要性
  2. SNS×動画の最新トレンドを知ろう
  3. YouTube(ユーチューブ)チャンネルの基礎知識
  4. Instagram(インスタグラム)広告の基礎知識
  5. Facebook(フェイスブック)広告の基礎知識
  6. SNS動画マーケティングの成功事例3選
  7. SNS×動画広告は2022年のマーケティングに必須

動画マーケティングのメリットと必要性

動画マーケティングコンテンツマーケティングのひとつで、YouTubeやInstagram、TikTokなどのSNSで動画を発信することで、商品やサービスの魅力を伝えて興味関心を高めたり、ブランディングを行ったりすることができます。

動画をSNSに投稿することで拡散されやすくなり、さらに画像やテキストよりも多くの情報量を伝えられる点がメリットです。

また、ユーザーとより深いコミュニケーションを図ることができるため、熱量の高いロイヤルカスタマーを生み出したり、コンバージョン率を上げたりすることもできるでしょう。

5G時代に突入してから動画を使ったマーケティング広告は大きなトレンドとなっており、今後もさらに拡大していくことが見込まれています。

SNS×動画の最新トレンドを知ろう

001.png

動画のトレンドはめまぐるしく移り変わっているので、SNS×動画の最新トレンドを知っておくことがマーケティング成功の秘訣です。ここでは、部署別に最新トレンドを紹介します。

人事

OJTを動画でマニュアル化するのがトレンドです。動画だと情報量が多く理解しやすいうえに、リモートワーク中なども場所にとらわれず同じ情報を共有でき、質の高い教育が行えます。教育担当者の業務負担が減る点もメリットです。

採用

採用では、会社説明会を動画で開催するのがトレンドです。遠方に住んでいて会社説明会に来られない人にも会社のことを知ってもらう機会を設けられ、本来ならなかなかアプローチできない優秀な人材との接点も作りやすくなります。

営業

営業資料を動画化するのもトレンドです。資料を動画にすることで他社と差別化でき、見込み顧客とのコミュニケーションも取りやすくなります。新人の営業担当者でも商談しやすくなり、非対面でも営業できるようになるため、企業の営業力が格段に上がるでしょう。

動画広告にはリード獲得単価を約40%も削減するほどの効果があります。このほかにも、動画マーケティングを成功させる3つのメソッドや、業界別の最新トレンドなどをPDF資料「【2021年版】マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップ」にで確認できるので、ぜひご覧ください。

【2021年版】マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップ

【2021年版】マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップ

マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップについて解説いたします。

YouTube(ユーチューブ)チャンネルの基礎知識

マーケティングにYouTubeを活用することで、ブランディングや販売促進など高い効果を望めます。ここでは、YouTubeチャンネルの基礎知識を解説します。

YouTubeチャンネルのメリット

採用動画をYouTubeで視聴した学生の割合が約半数にのぼるなど、多くの企業がYouTubeを活用しています。実際、生活者にとってもあらゆるシーンでなじみのある動画サイトであり、日常的に利用しているユーザー数が多いため、より多くの人々に情報提供できるのが最大のメリットです。

YouTubeチャンネルの目的

002.png

YouTubeチャンネル運営の主な目的となるのが、認知拡大、エンゲージメント向上、購買促進の3つです。YouTubeは利用している企業が多いため、最初からチャンネルの目的を決めて運営するのが重要になります。

まずは最優先したい項目を決めることから始めましょう。

YouTubeチャンネル運営のポイント

目的が決まったら、具体的な目標としてKPIを設定します。以下のように、目的に応じて適したKPIは異なってくるため、事前に押さえておきましょう。

認知拡大
インプレッション数、視聴回数、ユニークな視聴者数、関連動画からの流入数など

エンゲージメント向上
チャンネル登録者数、高評価率、コメント数など

購買促進
総再生時間、平均再生時間、視聴者維持率、概要欄リンクのクリック率など

以下のPDF資料「YouTubeチャンネル運営における考え方と押さえるべきポイント」では、KPIで押さえておくべきポイントや失敗しやすい目標設定、YouTubeチャンネルで最低限やっておきたい3つのTipsなども閣員することができます。

YouTubeチャンネル運営における考え方と押さえるべきポイント

YouTubeチャンネル運営における考え方と押さえるべきポイント

YouTubeチャンネルを運営する上で⽋かせない⽬的やKPIの設定⽅法、視聴回数を増やすテクニックについて解説します。

Instagram(インスタグラム)広告の基礎知識

Instagram広告は、Meta(旧Facebook)に買収されているためFacebook広告の一種とも言えます。Instagramは主に10~20代の女性が多く利用しているため、若い女性にアプローチするのに適しています。

Instagram広告のメリット

Instagramは画像や動画に特化しているSNSなので、動画広告との相性がいいのがメリットです。また、Instagram広告は少額から即日で広告配信ができるうえに、FacebookやInstagramの情報を基に、ユーザーの行動に基づいてターゲティングができる点も強みでしょう。

さらに、高度な機械学習によって広告が最適化されるので、運用しながらより効果的な広告配信ができるのもメリットです。

Instagram広告の目的

003.png

Instagram広告の主な目的は、認知、検討、コンバージョンの3つで、広告を設定する際にそれぞれの目的を選択できます。

ユーザーに商品やサービスを知ってもらいたいなら認知を、導入や購入を検討してほしいなら検討を、購入や登録などの目標を達成したいならコンバージョンを選択してください。

Instagram広告には配信先、課金方法、ターゲティングがそれぞれ3種類あります。自社に適したものを選ぶことで最適な動画広告が出せるので、それぞれの特徴はPDF資料「マーケティング担当者のためのInstagram 動画広告完全ガイド」からチェックしてみてください。

マーケティング担当者のためのInstagram 動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram 動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説致します。

Facebook(フェイスブック)広告の基礎知識

Facebook広告は、FacebookだけでなくInstagramやFacebookと連携しているアプリ内に広告を配信できるため、BtoBからBtoCまで多くの企業が利用しています。

Facebook広告のメリット

Facebook広告はInstagram広告同様、低コストから即日配信でき、実名制のFacebookの情報や行動に基づいてより精密なターゲティングを行え、さらに機械学習によって広告配信できるのが主なメリットです。

また、Facebookは世界最大のSNSでありアクティブユーザー数が多いため、幅広いユーザーにアプローチできるのも魅力だと言えます。

Facebook広告のポイント

Facebookで動画広告を流す場合は、動画の最初に重要なメッセージを入れてキャッチーな広告にするのがポイントです。一般的な動画広告は平均3秒しか再生されず、すぐにスワイプされてしまうので、開始3秒で心をつかむ必要があります。

また、ほとんどのユーザーは無音で動画広告を再生するため、音がなくても伝わるようにテロップを入れるのが効果的です。さらに、スマートフォンを縦に持って閲覧していることを踏まえ、横長よりも正方形や縦長の動画広告にするのがいいでしょう。

Facebook広告を成功させるために欠かせない配信先、課金方法、ターゲティングについてはPDF資料「マーケティング担当者のためのFacebook 動画広告完全ガイド」で確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

マーケティング担当者のためのFacebook 動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook 動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

SNS動画マーケティングの成功事例3選

ここからは、SNS動画マーケティングの成功事例を3つ紹介します。ヒントとなる要素が多数詰まっていますので、それぞれ押さえておきましょう。

InstagramからのEC流入率が120%になった事例

ネイル用品や化粧品を扱う株式会社グループは、未経験者でも簡単に動画の作成ができるクラウドツールを利用しています。

Instagramでネイル商材を活用したマーブルネイルのアレンジ動画などを配信したところ動画保存数が2倍になり、動画の活用によってInstagramからのEC流入率が120%になりました。

さらに、Twitterではポップで話題性のあるネタ動画を配信するなどして、SNSでの動画マーケティングを成功させています。

社内メンバーだけでどのように定期的な運用を実現しているのかなど、詳しい活用方法はPDF資料「InstagramからのEC流入率が120%増加!」にて確認できるので、ぜひ参考にしてみてください。

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率が120%増加!

化粧品を取り扱う株式会社グルーブ様がInstagramからのEC流入率120%アップを実現した秘訣を語ります。

Instagramストーリーズのセッション数が130%にアップした事例

「earth music&ecology」などのアパレル・飲食・ホテル事業を手掛ける株式会社ストライプインターナショナルは、SNSで投稿する動画のバリエーションを増やしてInstagramからのEC流入率が120%増加しました。

InstagramのストーリーズでSALEを告知したり、商品紹介と合わせて複数のコーディネートを訴求する動画を公開したりして、商品の魅力がより伝わりやすくなったのです。

具体的にどんな動画をどのように制作・運用して成果を出したのかは、PDF資料「Instagramストーリーズのセッション数が130%にアップした事例」で詳しく紹介されています。

動画活用のセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

動画活用のセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

株式会社ストライプインターナショナル様がSNSでのセッション数昨対比130%アップの秘訣を語ります。

2か月でTwitterフォロワー数が25倍になった事例

株式会社オープンエイトはTwitterで動画を効果的に活用し、たった40人だったフォロワーを2か月で1000人にまで増やしました。

実践したのは「動画投稿+トレンドワード」での差別化と、「言葉+動画」による固定ツイートの動画活用です。トレンドワードで多くのユーザーを集めてから、固定ツイートで惹きつけてフォローにつなげていきました。

具体的にそれぞれどんなやり方を行ってフォロワーを増やしていったのかは、PDF資料「SNS動画活用完全ガイド」で確認できます。ぜひ実践してみてください。

SNS動画活用完全ガイド

SNS動画活用完全ガイド

2か月でフォロワー数が25倍アップした実績から分かる動画活用の勝ちパターンについて解説いたします。

SNS×動画広告は2022年のマーケティングに必須

SNSマーケティングで動画を活用すれば、多くのユーザーを惹きつけて見込み顧客にしたりコンバージョンにつなげたりと、あらゆる目標を達成しやすくなります。

今は多くの若者が日常的に動画を視聴していて、これからも動画コンテンツに魅力を感じる生活者が増えていくと予想されるため、今から動画マーケティングを始めてこれからの時代に対応できるようにしておきましょう。