こちらの記事は2017年11月29日に更新しました。

PCを用いて仕事をする中、私たちは日頃から数多くの種類のファイルを管理しています。その際、意識したいのがファイルの種類を見極める意味で重要となる「拡張子」です。

拡張子とは、ファイル名の後ろに付いている「ファイルの形式」を示した文字列のことです。

・拡張子を変えたら、もともと使っていたファイルで見られなくなってしまった
・csvファイルのグラフに色を付けようとしたらできなかった
・jpegではなく、pngにしてくれと言われたけど依頼内容が理解できていない

拡張子を意識していないと、上記のような事象につながってしまいます。このようなところで躓いてしまっては、本来時間を費やしたい業務に専念できなくなってしまいます。

そこで今回は、拡張子とは何か、また違いのわかりづらい拡張子について解説します。

Web担当者の方はもちろん、ビジネスでPCに関わる方も、きちんと理解を深めましょう。
  

拡張子とは

拡張子とはファイル名の末尾に.(ピリオド)で区切られた文字列を指します。

以下の例をご覧ください。こちらの場合は、ファイル名が「シナリオメール案1212.pptx」で「シナリオメール案1212」の後ろについている「.pptx」が拡張子となります。つまり、このファイルはWindows PowerPointで利用できるファイル形式だというのを、この拡張子は示しています。

Windowsはソフトと拡張子を結び付けていて、ファイルをダブルクリックするだけで拡張子に対応するソフトを開くことができます。ソフトによっては対応しているファイル形式が異なるため、注意が必要です。

例えば、同じ画像編集ソフトであってもAdobe Photoshopでは「psdファイル」を利用できますが、Adobe Illustratorでは利用できません。自分の利用しているソフトは相手も持っているとは限らないので、特殊な拡張子のファイルを共有する際は気を付けましょう。
  

拡張子の種類

Windows関連

マイクロソフトが提供しているWindows Officeシリーズでは、独自のファイル形式を利用しています。PCの基幹システムであるOSの中で、Windowsは世界シェア1位を誇っているため、仕事で利用している方も多いでしょう。拡張子はそれぞれソフトと結び付いているので、対応するものを一緒に覚えておきましょう。

・doc/docx:ワープロソフト「Word」で使われる
・ppt/pptx:プレゼーションソフト「PowerPoint」で使われる
・xls/xlsx:表計算ソフト「Excel」で使われる
・mdb/accdb:データベースソフト「Access」で使われる

参考:
Windows XPがシェア増で3位 - 10月OSシェア|マイナビニュース
  

Adobe関連

Adobe Systems Incorporatedが提供しているソフトにもWindows同様、独自のファイル形式があります。

・pdf:文書ファイルで、読み込む際には「Adobe Acrobat Reader」が必要
・psd:「Adobe Photoshop」で使われるファイル形式
・ai:「Adobe Illustrator」で使われるファイル形式

  

画像関連

画像はものによってファイルの保存形式が異なります。保存形式次第では、画質が荒くなってしまうなどの思わぬミスが発生してしまうので注意が必要です。画像を保存する際は、どのようなファイル形式にするかを意識して保存するようにしましょう。

・jpeg:デジタルカメラの写真データなどで使われるファイル形式
・png:Web上での画像表示を目的としてつくられたファイル形式
・gif:画像データを圧縮して保存するファイル形式。ファイルサイズを小さくできる。
・bmp:Windowsの標準的な画像ファイルの形式

参考:
代表的な「拡張子」について|シャープ
  

音声関連

皆さんの中でも、業務中、もしくは自宅で調べ物や作業をしている際、PCで音楽を聴く人もいるのではないでしょうか。ちなみに、この音楽ファイルにも保存形式が複数あります。mp3(エムピースリー)やwma(ダブル・エム・エー)などのファイル名を一度は見たことがあるはずです。

音声関連のファイル形式は音質やサイズ容量が違うため、目的にあったものを選ぶようにしましょう。

・mp3:音声ファイルの中では最も一般的なファイル形式。データ量を約1/11(128kbps)に圧縮することが可能
・wav:主にWindowsで使われるファイル形式。CDとほぼ同じ音質で音楽を楽しめる
・wma:マイクロソフト社が開発したファイル形式。デジタル著作権管理機能が含まれる

  

動画関連

続いては、動画関連です。Youtubeやインスタグラムなどを普段から利用する方も多くなり、PCを活用して動画編集をしているという方も少なくないのではないでしょうか。動画についても保存するファイル形式によって再生できるプレイヤーが違うため、注意してください。

・avi:マイクロソフト社が1992年に開発した比較的古いファイル形式。互換性が高く、多くのプレイヤーで再生できる反面、機能が乏しいところが弱点
・mov:Apple標準のファイル形式で、QuickTime Playerで再生できます。Apple製品と相性の良い点が特徴
・mp4:比較的新しいファイル形式。無劣化で圧縮ができる上、多くのデバイスが再生対応していることから、幅広く活用できる

参考:
映像関連用語集・AVIとは|ダビングセンター