ホームページデザインを見やすいものにすることは、非常に重要なことです。
しかし、それ以上に多くの方にホームページを訪れてもらうことはさらに重要です。
つまり、それは閲覧するユーザーがいなければホームページの存在価値がゼロに等しいからです。

果たして、ホームページへの様々なサイトからの流入を増やす(トラフィックを上げる)には、どのようにすればいいのでしょうか。

従来はSEO(検索エンジン最適化)が主流でしたが、今では検索エンジンだけではなくSNSからの流入やダイレクト流入(URLを直接入力してサイトにたどり着く流入)など、様々なトラフィックチャネルが存在します。あらゆるチャネルからどのようにホームページへの導線を張って流入を増やすかは、Webマーケティング担当者の永遠の課題です。

そこで今回は、ホームページのトラフィックを上げるための21の方法論について紹介していきます。
  

コンテンツの中身やタイミングについて

1.jpg
  

1. 魅力的なコンテンツを作る

小手先だけでSEO対策を行う時代は終わり、現在はコンテンツマーケティングに注力・関心を寄せる企業が増えています。ただし、その際、用意するコンテンツは、内容に面白味があったり、役に立つものでなければSNSで拡散されず、検索時に上位表示……という結果にはなかなか結びつかないのが実情です。

魅力的なコンテンツを作るには魅力的なタイトルで始めることが大切です。
ユーザー検索エンジンソーシャルメディアの投稿フィードをスクロールして、読み飛ばすかの勢いで次のタイトルに目を向けています。

そこで、魅力的なタイトル、あるいはそれを補完するような視線を奪うサブタイトルをつけることが肝心となります。

一方で気をつけなければならないのが、「釣り」と呼ばれるタイトルが存在することです。
タイトルは立派なのに、内容がお粗末であれば、それがあらわになった途端、ユーザーはホームページから離脱してしまいます。つまりはマイナスイメージを与えてしまう形になってしまうわけです。
ただ反対に、内容が非常に充実していてオリジナリティがあり面白いものであれば、トラフィックは増加します。
シェアするに値する内容であれば、ユーザーが勝手に拡散してくれるのです。
  

2. 無料で引きのあるフロントエンドコンテンツを用意する

ブログやホームページシェアしてもらうために、そこに何が書かれているかをもう一度確認しておきましょう。

一般的には、面白くて、役に立つコンテンツを定期的に配信することが大切だと言われています。

ユーザーは会社のプロモーションや施策に興味があるわけではなく、こうしたコンテンツ「反応すること」を楽しんでいるということをもう一度理解しておきましょう。

そして、引きのあるコンテンツには「値札」をつけてはいけません。
初めて訪問したようなホームページを訪れたユーザーの場合、情報に価値があるかどうかをその場で判断するのが難しいので、情報自体に興味を持つことは少ないと思ってください。
無料で引きのあるコンテンツがあれば、ホームページに対するエンゲージメントが高まり、結果としてもう少し先まで読み進めてみようかな、とユーザーに次の行動を促すことができます。
  

3. 誠実にコミュニケーションを取る

ユーザーの情報リテラシーに対する感度は年々上がってきているので、ユーザーはいい加減な情報を流すブログと誠実なブログを嗅ぎわけて、その結果いい加減な情報のブログは淘汰されていきます。

本当に価値のある情報を時間をかけて作れば、自分の経験や意見も交えてシェアしたり、コメントしたくなるものです。
  

4. アンケートを実施する

ユーザーがどんな情報やコンテンツを欲しいかがわからなければ、アンケート調査を行うというのも一つの手立てです。
さらにアンケートを実施することで、ユーザーが何を欲しているかだけではなく、そのユーザーがどこに住んでいて、どんなものに興味があって、嫌いなものは何かまでわかるようになります。

直接疑問をぶつけてユーザーに意見を聞くこともできますが、面白いクイズを実施してユーザーに謎解きをさせながらさりげなく意見をもらう、というのもまた一つの方法です。
結果を公表すれば、ユーザーが再訪する理由にもなります。

こうした施策は、ホームページブログへの常連でもそうでないユーザーにも使えるので、非常に便利です。
  

5. 動画を効果的に使う

Facebookやインスタグラムのフィードでも毎日流れてくるように、動画は画像に比べて視線を集めやすいものです。
しかしながら、単に動画を投稿に貼り付けるだけの場合と、効果的な動画を使ってマーケティングを行うのとでは、やはり雲泥の差があります。

動画の内容を効果的に活用するためには、例えば次のような方法が効果的です。

・ できるだけ素材集ではなく自分で撮影したものを使う
・ 実際に作った動画を複数のプラットフォームに投稿する
・ 動画のタイトルにぴったりなハッシュタグをつける
・ ホームページのブランディングや価値づけになる動画内容にする
・ 動画でストーリーを語ったり、起承転結のある内容にする

これだけで、拡散のされやすさが大きく変わるはずです。
  

6. トラフィックを出しやすい時間帯・曜日に書く

さじ加減が難しい部分ですが、記事の内容だけが全てを決めるのではありません。
実際は投稿のタイミングも非常に重要です。

それでは、トラフィックを出しやすい時間帯や曜日は、どのようにして見つけていけばいいのでしょうか。

一番いい方法は、Google Analyticsの来訪者レポートを確認することです。
一旦一番集客できる曜日を見つけてしまえば、週間の投稿数を変えなくともアクセスを伸ばすこともできます。
逆にホームページのアップデートや仕様の変更がある場合には、一番トラフィックが少ない曜日の一番アクセス数が少ない時間に行うのがベストということになります。