まとめ

動画広告の中でも大きなシェアを占めるインストリーム広告は、これから動画広告を運用している広告主にとっては無視できない存在です。

現在では、広告を配信することで視聴者からは利用料を取らない無料動画配信サービス(インターネットテレビ)も多く展開されています。

それぞれのサービスは配信している番組の種類に合わせてユーザー層が異なるので、広告出稿を行う際は自社に合わせたサービスを選択するようにしましょう。
また、サービスによって表示形式を選択できるものもあるので、費用対効果に合わせて検討する必要があります。

2015年時点でインターネット動画を月1回以上視聴する人は全体の86.0%にも上り、動画広告は今後も注目されるマーケティング手法になっていくでしょう。

参考:
浸透するインターネット動画、視聴傾向の最新事情|電通報