デジタルマーケティングの世界では、「ダッシュボード」という言葉が頻繁に使われます。

ダッシュボードは、もともとは自動車における計器盤のことを指します。

デジタルマーケティングの世界では、現状の数値をリアルタイムに把握するためにいくつかの要素を赤/緑/黄のランプ、警報マーク、ドリルダウン表示、サマリ表示、棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなどで一括表示したものを指すことが多く、デジタルダッシュボードとも呼ばれます。

昨今はデジタルな数値だけでなく、営業数字や売上数字などをダッシュボードで表示するKPIダッシュボード」サービスが登場しています。

今回は、いつどこにいても進捗が確認できる「KPIダッシュボード」の特徴やサービスをご紹介します。

KPIダッシュボードってなんだ?

dashboard.jpeg

KPIとは?

KPI(Key Performance Indicator)とは、*「重要業績評価指標」と訳される、組織の目標達成の度合いを定義する評価指数のことです。
例えば、「ダイエットを頑張る」という定性的な目標よりも、「1日の摂取カロリーを1800kcal未満にする」と
定量的に決めた方が目標達成しやすくなりますよね。
同様に、ビジネスの現場においても、売上や業績に関係する指標をKPIという
「数値」として管理することで、達成度合いを可視化*することができます。

デジタルマーケティングの分野においては、KPI「UU(ユニークユーザー数)」「PV(ページビュー数)」「セッション」「CVR(コンバージョン率)」などがよく使われます。
PVが多くてもUUが少なければ見込み顧客を増やさなければなりませんし、UUが多くてもCVRが低ければ売上や登録に関して別の打ち手を考えなければならない、といったことが分かります。

一方、通常のマーケティング現場においても、「顧客数」「回転率」「リピート率」単価などを重要な指標として挙げる企業も多くあります。
KPIをしっかりと理解し、運用することによって、打ち手が見えやすくなり現状を打開できるので、ビジネスにおける目標達成を実現することにつながります。

KPIダッシュボードとは?

demo.gif

KPIを常に見えるようにするには、ホワイトボードに書き出したりエクセルを使ってアナログで管理する方法もありますが、最近ではKPIダッシュボード(KPIビジュアライザー)」と呼ばれるサービスを使って管理する方法が主流になってきています。

ホームページの訪問者数などの重要指標をリアルタイムに表示するKPIダッシュボードとして、Googleアナリティクス」が有名ですが、KPIダッシュボードサービスを使うことで、同じような画面で自分の目的にあったKPIカスタマイズして表示することができます。

KPIダッシュボードを使えば、自身のパソコンやiPhoneなどのモバイル端末でいつでも自分・チームのKPIを確認・共有することができます。
また、KPIダッシュボードを社内の共有モニターなどに常に表示しておけば、重要指標をリアルタイムで確認しながら業務に取り掛かることができます。