リスティング広告では、キーワードや広告文も重要ですが、併せて重要な要素がLP(ランディングページ)です。なぜなら、広告をクリックした先のランディングページユーザーのニーズと合わない場合、離脱することが多いからです。
そのため、ランディングページの制作にはデザインはもちろん、広告を見て訪れたユーザーの興味・関心を損なわないための構成や商品購入に至る後押しが必要です。
今回は、美容業界に関するキーワード「美白 ジェル」で出稿されているランディングページの要素をまとめてみました。

※調査するにあたって、計測用パラメータを削除したリンクでLPを閲覧しています。以下から、掲載順に紹介。

1.DHC

DHC

DHCのネットショップ配下にある特集ページです。美白ジェルに関連する10商品以上の紹介が1ページでまとめられています。それぞれの商品に含まれる成分やベネフィット、次にCTAが置かれる組み合わせが中心のLPです。
LP自体が非常に長い作りでした。

1. キャッチ(商品1)
2. 成分×比較(商品1)
3. CTA(商品1)
4. 成分×ベネフィット(商品2)
5. CTA(商品2)
6. 成分×ベネフィット(商品3)
7. CTA(商品3)
8. 成分×口コミ(商品4)
9. CTA(商品4)
10. CTA(商品5)
11. 成分×比較(商品6)
12. CTA(商品6)
13. 成分×ベネフィット(商品7)
14. CTA(商品7)
15. 成分×ベネフィット(商品8)
16. CTA(商品8)
17. 成分×ベネフィット(商品9)
18. CTA(商品9)
以降、その他商品CTA

2.ドクターシーラボ

ドクターシーラボ

ドクターシーラボのネットショップ配下にある特集ページです。そのため、Webコンテンツのような印象を受けます。広告用として使うだけでなくSEOも意識していることが考えられます。

1. キャッチコピー
2. タブで口コミ詳細メディア掲載に移動できる
3. CTA
4. ベネフィット
5. 権威
6. 成分×ベネフィット
7. 金額比較
8. 口コミ×権威
9. 定期購入メリット
10. CTA

3.Give&Give

Give&Give

口コミ、メディア掲載、生産者情報が多く掲載され全体的に信頼訴求の強いLPとなっています。商品自体が敏感肌用となっているため、安心や信頼を得るための構成のようです。

1. キャッチコピー
2. 期間限定
3. CTA
4. 共感
5. 口コミ
6. 権威
7. 期間限定
8. CTA
9. 商品説明
10. 成分×ベネフィット
11. Q&A
12. 成分×ベネフィット
13. 信頼
14. 期間限定
15. CTA