リスティング広告では、キーワード広告文も重要ですが、併せて重要な要素がLP(ランディングページ)です。なぜなら、広告をクリックした先のランディングページユーザーのニーズと合わない場合、離脱することが多いからです。
そのため、ランディングページの制作にはデザインはもちろん、広告を見て訪れたユーザーの興味・関心を損なわないための構成や商品購入に至る後押しが必要です。
今回は、美容業界に関するキーワード「美白 ジェル」で出稿されているランディングページの要素をまとめてみました。

※調査するにあたって、計測用パラメータを削除したリンクでLPを閲覧しています。以下から、掲載順に紹介。

1.DHC

DHC

DHCのネットショップ配下にある特集ページです。美白ジェルに関連する10商品以上の紹介が1ページでまとめられています。それぞれの商品に含まれる成分やベネフィット、次にCTAが置かれる組み合わせが中心のLPです。
LP自体が非常に長い作りでした。

1. キャッチ(商品1)
2. 成分×比較(商品1)
3. CTA(商品1)
4. 成分×ベネフィット(商品2)
5. CTA(商品2)
6. 成分×ベネフィット(商品3)
7. CTA(商品3)
8. 成分×口コミ(商品4)
9. CTA(商品4)
10. CTA(商品5)
11. 成分×比較(商品6)
12. CTA(商品6)
13. 成分×ベネフィット(商品7)
14. CTA(商品7)
15. 成分×ベネフィット(商品8)
16. CTA(商品8)
17. 成分×ベネフィット(商品9)
18. CTA(商品9)
以降、その他商品CTA

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2.ドクターシーラボ

ドクターシーラボ

ドクターシーラボのネットショップ配下にある特集ページです。そのため、Webコンテンツのような印象を受けます。広告用として使うだけでなくSEOも意識していることが考えられます。

1. キャッチコピー
2. タブで口コミ詳細メディア掲載に移動できる
3. CTA
4. ベネフィット
5. 権威
6. 成分×ベネフィット
7. 金額比較
8. 口コミ×権威
9. 定期購入メリット
10. CTA

3.Give&Give

Give&Give

口コミ、メディア掲載、生産者情報が多く掲載され全体的に信頼訴求の強いLPとなっています。商品自体が敏感肌用となっているため、安心や信頼を得るための構成のようです。

1. キャッチコピー
2. 期間限定
3. CTA
4. 共感
5. 口コミ
6. 権威
7. 期間限定
8. CTA
9. 商品説明
10. 成分×ベネフィット
11. Q&A
12. 成分×ベネフィット
13. 信頼
14. 期間限定
15. CTA

4.Kao

Kao

非常にシンプルな構成のLPです。
それぞれの上品説明が並び、前述のような成分説明や口コミなどもありません。

1. キャッチコピー
2. CTA
3. 商品説明×10

5.なちゅらいふ

なちゅらいふ

こちらもシンプルな構成のLPです。特に成分に関する情報が多いようです。

1. キャッチコピー
2. 成分×ベネフィット
3. CTA

6.パーフェクトワン

パーフェクトワン

構成としては、もれなく情報が掲載されている印象です。また、説明文の中に強調したい部分を赤色・太文字や黄色のアンダーラインなどがひかれており、流し読みをしても重要な要素が印象に残るような工夫しています。

1. キャッチコピー
2. CTA
3. 成分×ベネフィット
4. CTA
5. 信頼
6. CTA
7. 口コミ
8. CTA

7.山田養蜂場

山田養蜂場

使い方やQ&Aといった、実際の使用イメージができるような構成が特徴のLPです。
LPの最後にはフォームも設置されているため、LPで購入までが完結する構成にもなっています。

1. キャッチコピー
2. 使い方
3. 共感
4. 口コミ
5. 権威
6. Q&A×ベネフィット
7. 成分×ベネフィット
8. CTA
9. Q&A
10. CTA
11. 信頼
12. フォーム

8.アンプルール

アンプルール

問題提起から始まり、シミとなるメカニズムまで説明されたLPです。専門家が開発したという権威性をアピールするための具体性が印象的な構成となっています。

1. キャッチコピー
2. 検証
3. 問題提起
4. 成分
5. CTA
6. 口コミ
7. 商品説明×7
8. 権威
9. CTA
10. 権威
11. 配送、支払情報

9.ライスフォース

ライスフォース

世界中で使われているといった権威性で訴求している印象の強いLPです。
メディア掲載や著名者も愛用といった訴求を中心に、信頼や安心感を抱きやすい構成となっています。

1. キャッチコピー
2. 商品説明
3. 口コミ
4. 権威
5. CTA
6. 口コミ
7. 共感
8. CTA
9. 成分×ベネフィット
10. CTA
11. 使い方
12. CTA
13. 使い方
14. CTA
15. 権威
16. CTA
17. 注文の流れ

まとめ

今回は、「美白 ジェル」のキーワードで出稿している広告のLPを調査してみました。
それぞれのLPで共通の要素としては、「成分」「口コミ」「権威」といった項目が目立ちました。
つまり、「美白 ジェル」においては、ユーザーにとって安心して使用できる化粧品といった訴求が有効であることがうかがえます。
美容関連の業界の方だけでなく、LPを活用している企業は参考にしてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

LPOカリキュラム
ランディングページ(LP)の構成について
ランディングページ(LP)はストーリー性のあるフレームワークを使って作ろう

このニュースに関連するカリキュラム

LPOカリキュラム

LPOカリキュラム

LPO(ランディングページ最適化)で最も重要なランディングページの構成をユーザーの心理やノウハウを元に説明します。さらに、LPOの効果を高めるために必要なA/Bテストの方法も併せてどうぞ。