LPのCVRを改善するには、分析・改善・テストを繰り返す必要があります。そこで活用したいのが、LPの分析・改善・テストの全工程を効率化してくれるLPOランディングページ最適化)ツールです。

本記事では、LPOツールの特徴や導入するメリット、タイプ、選び方のポイントを解説するとともに、8つのツールを比較解説します。

目次

  1. LPOツールとは
  2. LPOツールを導入するメリット
  3. LPOツールのタイプ
  4. LPOツール8つを比較
  5. LPOツールを選ぶ際のポイント
  6. LPOツールを活用してLPのパフォーマンスを高めよう

▼LPの効果が出ない原因を突き止めたい方はチェック!

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

本資料ではLPの数値が悪化したときの検証フローをご紹介!最低限押さえておくべきLPの型のチェックリスト付!

LPOツールとは

LPOは「Landing Page Optimization」の略称で、日本語では「ランディングページ最適化」といいます。つまり、ランディングページへのアクセス数やコンバージョン率などを高めるための施策のことです。

LPOツールを導入するメリット

LPOは、LPOツールを活用することで効率的に行えます。ツールを導入するメリットについて詳しくみていきましょう。

LPの問題の洗い出し

LPOツールは、アクセス解析によるユーザーの属性把握、ヒートマップによるランディングページ上でのユーザー行動の把握などが可能です。それにより、アクセス数が少ない、LP内のどのエリアで離脱するユーザーが多いのかなどコンバージョンに至らない原因や問題点を明確にします。

テスト精度の向上

LPOツールには、「ABテスト」の機能が搭載されています。ABテストとは、2つの施策を比較検討するテスト方法です。アクセス数やCVRの向上に繋がった施策を抽出して組み合わせることで、より良いランディングページへの改修が可能になります。

LPOツールは、テスト結果の蓄積や効率的なABテストの実施により、効率のいい広告施策を打てるようになります。

【改善事例付き】最適なLPを作るためのA/Bテスト入門ガイド

【改善事例付き】最適なLPを作るためのA/Bテスト入門ガイド

初めてABテストをする方向けにABテストの基本をまとめました。改善事例も掲載しています。

LP運用の効率化

ABテスト、アクセス解析、ヒートマップなどを活用することでパフォーマンスの高いランディングページへの改善が可能となります。また、運用中も解析やテストを回しておくことで、常に商材やターゲットに合わせたLP運用が叶います。

LPOツールのタイプ

LPOツールは、大きく3つのタイプに分類できます。それぞれのタイプの特徴について詳しくみていきましょう。

実装を効率化できる

分析や検証の機能が充実しており、効率的に実装できるタイプです。LPの作成・改善に必要な機能を網羅しているため、複数のツールを利用する必要はありません。

特定の機能のレベルが高い

計測や分析など、特定の機能のレベルが高いタイプです。ヒートマップ機能の搭載、AIによる自動アクセス解析など、珍しく便利な機能を搭載しています。

さまざまなテストができる

ABテストを始めとしたさまざまなテスト機能を搭載したタイプです。あらゆる角度からテストすることで、テスト結果の信頼性を担保できるため、効率的な改修を実現します。

LPOツール8つを比較

LPOツールの中でも評判がよいツールを8つ比較します。

図_LPOツール比較表.png

それぞれ、実績や特徴、おすすめポイントについて詳しくみていきましょう。

AIR Design

image2.jpg
出典:AIR Design

●作成から改善、ターゲットの洗い出しまで一気通貫で任せられる

AIR Designは、LPの作成から運用改善まで一気通貫で任せられるサービスです。ABテストやヒートマップを駆使して、売れるLPを提案してくれます。業務効率化を求めていたり社内にLPOができる人材がいなかったりする場合におすすめです。

▼LP経由の売上を1年半で10倍にした、AIR Designの活用事例はこちら

【事例付】LP経由・1年半で10倍の秘密とは?

【事例付】LP経由・1年半で10倍の秘密とは?

AIを活用するプロ集団が、WEB広告クリエイティブを制作!

DLPO

image8.jpg

出典:DLPO

●AIが学習した豊富な行動データを利用できる

AIが学習した約5億ユニークブラウザの行動データをもとにコンバージョンの最大化を目指すことができます。800社以上の導入・改善の実績にもとづいたわかりやすいマニュアル、AB・多変量テストの事例なども提供してもらえます。

また、Web解析ツールやDMPなどとの連携できる点も大きな特徴です。できるだけ使いやすい、わかりやすいツールを探している方や、他のツールと組み合わせて使う予定の方におすすめです。

CVX

スクリーンショット 2022-11-13 2.10.28.jpg

出典:CVX

●約200種類ものテンプレートからLPを作成できる

およそ200種類のLPデザインのテンプレートを用意しており、速やかに効果が高いLPを作成できます。ABテストの立ち上げにかかる時間はわずか数秒のため、効率的な分析・改善ができる点もメリットです。複数のLPを運用予定で、なるべく効率的に作りたい方、分析から改善までの時間を短縮し、短期間でより多くの利益を上げたい方におすすめです。

WebAntenna

image6.jpg

出典:WebAntenna

●LPOだけではなくSEOの効果測定もOK

LPの効果測定からSEOの効果測定まで一画面で管理できるため、効率的な運用が可能になります。また、施策別にアクセス解析ができるため、効果が出た施策を抽出・複合し、LPのパフォーマンスを効率的に高められます。SEOとLPを組み合わせてWEBマーケティングの効果を最大化したい、1つのツールで一通りの効果測定をしたい方におすすめです。

どこどこJP

image3.jpg

出典:どこどこJP

●地域別似アクセス元を分類できる

ユーザーの位置情報からアクセス元を地域別に分類できます。そのため、地域別に表示するLPを変えて、パフォーマンスの向上を高めることが可能です。また、不正アクセス対策として、特定の国や地域からのアクセスを制限できます。歯科医院や美容外科、サロンなど、地域密着型の商品・サービスを取り扱う方におすすめです。

Google Optimize

image7.jpg

出典:Google Optimize

●直感的な操作で効率的にLPOを行える

Googleが提供する無料のLPOツールです。Googleアナリティクスとの連携により、計測から分析まで効率的に行えます。また、文章や画像はビジュアルエディターで簡単に差し替えできるため、HTMLCSSの知識は不要です。GoogleアナリティクスはWEBマーケティングにおいて利用している方が多いため、既存の使い慣れたツールと連携して効率的に運用できるツールを求める方におすすめです。

Optimizely

image4.jpg

出典:Optimizely

●連携できるプラットフォームが多い

国内トップの売上と豊富な実績を持つLPOツールです。ユーザーニーズに合った細かな設定が可能なため、短期間で効果が出るLPを作成・改善できます。また、多くのマーケティングプラットフォームとの連携ができるため、効率的なLPO実施が可能。すでに複数のマーケティングプラットフォームを利用しており、それらと組み合わせて施策効果を高めたい、効率的な運用がしたい方におすすめです。

ferret One

image5.jpg

出典:ferret One

●一通りのマーケティング関連機能を搭載

LP作成、LPOはもちろん、顧客管理や広告、集客まで対応しているツールです。ニーズやターゲット、商品ごとに複製し、改善施策を速やかに実行できます。また、マーケティングメソッドの提供を受けられることも大きな魅力です。

サポート体制も万全で、初期設定から機能セットアップ、定期メンテナンスまで対応しています。LPの作成から運用、顧客管理まで1つのツールで効率的に行いたい方、ツールの導入に不安を抱えており、フルサポートを受けたい方におすすめです。

▼LP制作の基礎について一から学びたいという方はこちら

【BtoB向け】LP作成の入門書!ランディングページ作成・改善ガイド

【BtoB向け】LP作成の入門書!ランディングページ作成・改善ガイド

本書は、LPの基礎について一から学びたいというマーケティング担当者様必読の1冊です。

LPOツールを選ぶ際のポイント

LPOツールによって機能や価格などが異なります。最適なLPOツールを選ぶために、次のポイントを押さえておきましょう。

求めるレベルの分析ができるか

LPOツールによっては、ヒートマップによって離脱した箇所やクリック率が高い箇所などを分析できます。また、効率的な測定や次回の分析に役立つ情報の保存などの機能を搭載したものもあります。測定機能やレベルはツールによって異なるため、求めるレベルの分析ができるかどうかを確認しましょう。

UI/UXに優れており手軽に使えるか

UI/UXに問題があると、ツールの使用頻度が低くなるでしょう。また、効率的な運用ができなかったり、操作方法を新入社員に詳しくレクチャーしたりする必要があるため、かえって効率が低下する可能性があります。UI/UXに優れており、手軽に使えるツールを選びましょう。

導入サポートやアフターフォローが充実しているか

LPOツールを初めて導入する場合は、アフターフォローが充実しているかどうか確認が必要です。中にはLPOコンサルティングや導入支援、研修などに対応しているものもあります。社内に知見のある方がいないという場合には、サポートが手厚いツールを選ぶといいでしょう。

LPOツールを活用してLPのパフォーマンスを高めよう

LPの効果を最大化するためには、LPOが欠かせません。そして、LPOは日常的に行うもののため、効率的に行うためにもLPOツールを導入することが大切です。ツールによって機能やレベル、価格、サポート体制などが異なります。今回、解説した内容を参考に、最適なLPOツールを見つけましょう。

LPOを検討している方におすすめの資料

LP改善マニュアル【前編】

LP改善マニュアル【前編】

ABテストを実施しても改善幅が小さい…などLPに課題がある方のためのマニュアルです。

LP改善マニュアル【後編】

LP改善マニュアル【後編】

カスタマージャーニーマップに基づくLP改善手法について解説いたします