エバーノートの基本的な使い方

ノートを保存する~メールでも保存可能

エバーノートに情報を記録(保存)するのはとても簡単です。

たとえば、以下のように板書された文字を、メモ用に撮っておけます。エバーノートを起動(もしくはウィジェットから)し、新規作成でカメラを選びますと撮影モードになり、ノートに添付できます

カメラ

撮影後はエバーノート画面で修正したり、文字情報を追加したりできます。

保存

ノートの検索~画像から文字を認識

画像であっても、エバーノートが認識して検索対象にしてくれます。議事録の保存などには重宝します(もちろん共有もできます)。正式にエバーノートを導入している高校もあるほどです。

認識する

十数分すると認識され、上図のように検索対象になります。保存後、パソコンなどから資料を閲覧し再編集できるので、そのときにタグ付けなどをしておけば、さらに検索性が増します。

スライドショーにもつかえる

画像をたくさん添付したノートでは、スライドショーもできます

スライドショー

スマートフォンやタブレットなどでプロジェクタに接続できるものがオススメです。ノートを表示させ、上図のように、メニューから「スライドショー」を選択します。

すると、メ ニューなどが隠れ、画像が画面いっぱいに表示されるのです。あとはスワイプでページ送り(戻し)ができますので、プレゼンなどに使えます。

Webマーケティングに役立つ使い方

ブログを更新しているアフィリエイター、Googleアナリティクスを活用しているWebマーケッターなどにオススメな使い方があります。

声を文字変換できる~ブログのアイデアメモや入力速度向上に

音声入力

ノート作成時にメニューから音声テキスト変換を選びます。スマホに向かって話すだけで、声を文字に変換してくれるのです。

たとえば、運転中など手を離せないときにアイデアが思いついた、話したほうが早い、というときに便利です。

Googleアナリティクスのバックアップに

メール送信

Googleアナリティクスにはレポート画面をメール送信できる機能があります。週1、月1など定期的に送信できます。その宛先をエバーノートにしておけば、資料のホームページのアクセス状況を整理できます。

メールに添付されたレポートのPDFなどのファイルも、検索対象になりますので、とても便利です。

また、上図のウェブマスターツール(Google Search Console)のデータは、保持期間が3ヶ月しかありません。バックアップとしてもエバーノートが便利です。