海外のWebデザイナーの間で親しまれているUIデザインツールのひとつに、Sketchというアプリケーションがあります。
ワイヤーフレームなどのデザインカンプを作ったり、イラストレーションを作成したりできる便利なソフトです。

日本ではまだあまり見かけませんが、世界的には利用が広がっており、Photoshopに迫る勢いです。

今回は、デジタルデザインツールのSketchが海外で人気になっている理由をまとめました。
現在既にPhotoshopを制作現場で使っているWeb関係者はもちろん、まだPhotoshopこそ導入していないけれどデザインツールの導入を考えている方も、ぜひ参考にしてください。

デジタルデザインツールSketchが海外で人気になっている7つの理由

sketch.png
https://www.sketchapp.com/

ここでは、さまざまな機能にフォーカスを当てながら、Sketchが選ばれている7つの理由をご紹介していきます。

1. ベクターデータ保存

vector.png

Sketchで作成するUIデータはベクターデータで保存されます。
Photoshopで作成したPSDファイルと比べて圧倒的に軽量で、ファイルサイズも数MB〜数十MBと、ディスクスペースの節約にもなります。
ベクターデータなので、画像を引き伸ばしても画像が粗くなることがありません。

最近ではRetinaディスプレイをはじめとして高解像度のディスプレイを持つデバイスが増えてきているので、今こそベクターデータでのUI作成が求められています。

2. UIデザインに特化したシンプルな機能

ui.png

SketchはUIデザインに特化したモダングラフィックツールなので、必要な機能以外を排除したシンプルな機能だけを備えています。
Webサイトのデザインカンプはもちろん、モバイルアプリのデザイン用に複数ページ機能やアートボード機能も装備されています。
また、一度作成したUIパーツは簡単に再利用可能です。

3. CSS変換対応

convert.png

ベクターデータで作成したUIパーツは、全てデザインはそのままでCSSで書き出すことが出来ます
画像以上にファイルサイズを節約でき、コードの一部を変えるだけで簡単にカスタマイズできるので便利です。

4. 便利な書き出し機能

export.png

Sketchでは、スライスやカンバスを画像としてエクスポートする機能があります。
スライスの書き出しはPhotoshopにもありますが、Sketchが優れているのは一度に複数スケール・複数ファイルタイプの書き出しができる点です。

ファイルタイプはビットマップからベクターまで幅広く対応しており、透過PNGだけでなく最近よく使われるWebに最適化されたSVGも書き出すことが出来ます。

5. 豊富なUIキット

uikit.png

Sketchには標準でさまざまなUIキットがプリインストールされています。
そのためゼロからオブジェクトを描画しなくとも、アイコンやボタンなどを数クリックで簡単に作成できます。
ハートマークや雲状のマークなどの複雑な形の多くはすでに収録されているので、ベクターソフトの操作に慣れていない人でもすぐに使うことができます。
作成したオブジェクトはSketch.cloudで共有することも可能です。

6. リアルタイムプレビュー

preview.jpg

iPhoneやiPadに専用のアプリをインストールしてWiFiやUSBケーブルでSketchとつなぐことで、作成したデザインをその場でプレビューして確認することができます。
また最新のバージョン(ver. 3.8以降)ではWebブラウザを介したライブプレビューも可能で、SNSでプレビューをシェアすることも出来ます。

7. 経済的な価格設定

app.png

Photoshopでは月額980円からのサブスクリプションプランが用意されていますが使用期間が長ければ長いほど多く課金されてしまいます。
一方Sketch は99ドルの買い切り制になっているので、それ以上課金される心配はありません。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

まとめ

デザインカンプの作成には他にもIllustratorやAdobe XD、Affinity Designerなどさまざまなツールが使われていますが、Sketchは便利な機能と軽快に動く処理能力のおかげで人気を伸ばし続けています。

乗り換えを検討している方は、ぜひ一度Sketchを使ってみてください。