2017年7月12日、Facebookは、すべての国と地域でMessenger広告の提供を開始することを発表しました。
2017年4月時点でMessengerの月間利用ユーザーは全世界で12億人を超えており、メッセージアプリとして社会に定着しています。また、広告からチャット形式の会話へつなげられるのもポイントでしょう。

今回は、Messenger(メッセンジャー)広告の仕様と特徴を解説します。
「Messengerで広告が出せるようになったのは知ってるけど、いまいちどんな広告なのかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

参考:
[Messenger広告が世界中で利用可能に | Facebookニュースルーム] (https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/07/messenger-ads/)
[Facebookの「Messenger」、月間アクティブユーザーが12億人に|CNET Japan] (https://japan.cnet.com/article/35099698/)

Messenger(メッセンジャー)とは

Messenger___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.orca&hl=ja

Messenger(メッセンジャー)とは、チャットや無料通話機能を備えたメッセージアプリです。Facebookのメッセージ機能がもととなっていることもあり、Facebookの友達と連携しているのが特徴でしょう。

2017年4月には月間ユーザー数が全世界で12億人を越え、社会に広く定着しています。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Messenger広告配信の流れ

リスティング広告Twitter広告などでは、広告をクリックすると特定のURLに遷移します。
Messenger広告は、広告からMessengerへ誘導することで、ただサービスのページへ移動させるだけでない交流が可能です。

Facebookのニュースフィードに広告配信を行った場合を想定して考えてみましょう。

スクリーンショット_2017-07-19_16.00.39.png

Facebookのニュースフィードに広告を配信すると、画像やテキストで商品の宣伝が行えます。画像の場合は「お問い合わせ」というCTAボタンを設置しており、クリックした先でサービスへの問い合わせが行えることがわかるでしょう。

ユーザー広告をクリックすると企業とのメッセージ画面が立ち上がります。メッセージ画面には、企業側からのメッセージが表示されます。

さらに、そのメッセージからと特定のリンク先へ遷移させることができます。
画像の場合、「資料をダウンロードする」というボタンをクリックすることで、企業の運営している資料ダウンロードページへと誘導されました。

この流れを表すと下記のようになります。

 ニュースフィード上の広告>メッセージ画面>自社ホームページへの遷移

このようにMessenger広告は、表示されてすぐに特定のURLリンクするような広告とは異なり、コンバージョンに至るまで複数のステップを経由することがわかります。

その分、メッセージや画像などを用いてアプローチが行えるのが独自の強みでもあるでしょう。

参考:
[Messenger広告はどう表示されますか。 | Facebookヘルプセンター] (https://www.facebook.com/business/help/1726475564333544)
Testing ways for people and businesses to engage on Messenger

Messenger広告の仕様と特徴

では、Messenger広告では、どういった表現が可能となるのでしょうか。
先ほど説明した広告の流れに合わせ、それぞれの仕様を見てみましょう。

参考:
[Messenger|Facebookヘルプセンター ]
(https://www.facebook.com/business/help/1568130549881135)

(1)配信される広告の仕様

スクリーンショット_2017-07-19_16.38.19.png

では、Messenger広告はどういったデザインで作成できるのでしょうか。

Messenger広告は以下の2つの形式に対応しています。

【広告の形式】
 ・単一画像…静止画一枚で構成された広告
 ・カルーセル…最大10個まで画像や動画などの複数の要素を組み合わせて作成する広告

また、広告からユーザーのメッセージ画面に遷移させるためのCTAボタンも、広告の目的に合わせて、以下の中から選択可能です。誘導する先で起こして欲しいアクションに合わせて、選択しましょう。

 ・メッセージを送信
 ・応募する
 ・予約する
 ・お問い合わせ
 ・募金する
 ・ダウンロード
 ・詳しくはこちら
 ・購入する
 ・登録
 ・他の動画を視聴

(2)誘導メッセージでやりとりできる内容

スクリーンショット_2017-07-19_16.45.40.png

Messenger広告の特徴としては、広告からそのままメッセージを交わすことが可能な点にあります。
メッセージとしては下記のような内容を送信できます。

 ・テキスト…文章でのメッセージです。
 ・画像+テキスト…画像と見出しの文章を送信できます。
 ・動画…動画ファイルを送信できます。

では、具体的にメッセージでのやりとりの例を見てみましょう。

スクリーンショット_2017-07-19_16.14.25.png

例えば結婚相談所の広告の場合、上記の画像のように「相談受付しています」と言う広告を配信します。そこから「メッセージを送信」のボタンをクリックしたユーザーは、メッセージの送信画面に誘導されます。

上記の場合、クイック返信として「恋の悩み」「愛の悩み」といった選択肢を設定しています。この選択肢をユーザーがクリックしたら、そのままメッセージとして送信されます。

それに対して企業は、Messengerでチャットを行うのと同じようにメッセージを返せます。ユーザーと相互にやりとりを行えるので、そのまま自社のサービスを紹介することも可能でしょう。

参考:
[FacebookやInstagramでのMessenger誘導広告の表示は? | Facebookヘルプセンター] (https://www.facebook.com/business/help/1444950442185441)

(3)設定できるCTA

スクリーンショット_2017-07-19_16.45.58.png

メッセージからは他のサイトへのリンクが可能です。
例えば、上記の場合、資料ダウンロードページへの誘導をCTAとして設定しています。

なお、この時、ページはMessenger上で開かれるので注意してください。

まとめ

Messenger広告広告からメッセージ画面を立ち上げ、そこからさらに広告の宣伝を行える特殊な形式の広告です。

他のFacebook広告同様、年齢や性別、趣味など細かいターゲティングを行えば、自社の商品・サービスに興味を持つ可能性の高いユーザーに絞って広告が配信が行えるのもメリットでしょう。
興味のあるユーザーに個別に広告を送信し、メッセージを通してより深いサービスの情報をアプローチすれば、高いコンバージョン率を実現できるかもしれません。

複雑な設定ができる分、広告の設計が必要となります。ユーザーにどういった行動を起こして欲しいのか考えながら、広告運用を行うようにしましょう。