この記事は、2017年8月29日に公開された記事を再編集しています。

皆さんは、アイディアをまとめるとき、どのようなツールを使いますか?

なかなか考えがまとまらないときやアイディアをたくさん出したいときには、マインドマップがオススメです。今回ご紹介するのは、誰でも簡単に使えるマインドマップ作成ツール「XMind」です。組織図・ツリー図・ロジック図などの多くのテンプレートが用意されているので、作成するマインドマップの種類に応じていて使い分けることができます。

目次

  1. XMindとは
  2. XMindの特徴
  3. 料金プラン
  4. XMindの使い方
    1. ダウンロード
    2. マインドマップの新規作成
      1. テーマ選択
      2. トピック作成
    3. ラベルの挿入
    4. リンクの設定
      5. 画像・添付ファイルの挿入
      6. マーカーの設定
      7. 線の挿入
      8. 要約を作成
  5. その他
    1. エクスポートする
  6. まとめ

XMindとは

01_top.png
http://jp.XMind.net/

XMindは、シンプルで簡単なマインドマップツールです。作成したマインドマップにはトピックごとに優先順位や進捗を示すアイコンがつけられるので、プロジェクト管理ツールとしても幅広く使えます。

XMindの特徴

  • シンプルで見やすいインターフェイス
  • 簡単な操作性
  • EvernoteやSNSなどへ共有できる
  • 日本語に対応

料金

xmind_price.png
無料プランを合わせて2つのプランがあります。無料プランでも全ての図表が利用可能ですが、有料プランでは、PDF・Word・Excel・PPTへのエクスポート、プレゼンテーションモードやガントチャートなどが利用できます。
※XMind 8 Plusは2018年1月31日をもって開発元の意向により販売を終了しています。

XMindの使い方

ダウンロード

03_download.png
XMindにアクセスし、「無料ダウンロード」をクリックします。

04_download.png
使っているOSを選択します。

05_download.png
「ダウンロード」をクリックし、ダウンロード完了です。

マインドマップの新規作成

テーマ選択

07_new.png
テンプレートの種類を選択します。マップ・ツリー・ロジック・タイムラインなど様々なテンプレートから選択できます。

08_new.png
テーマを選択します。

2.トピックを作る

09_topic.png
最初に中央にトピックが作成されているのでメインとなるトピックを入力します。

10_topic.png
Enterキーで同層階にサブトピックが作成されます。

11_topic.png
Tabキーで下層階にサブトピックが作成されます。

12_outline.png
階層は、画面右のアウトラインでも確認できます。

13_topicfile.png
各トピックのテキストサイズ・フォント・ラインの種類・色などを設定できます。右側のメニューのトピックファイル形式から変更しましょう。

ラベルの挿入

14_label.png
作成したトピックにラベルを挿入します。ラベルを付けたいトピックを選択し、右クリックでメニューを出します。メニューの中の「挿入」、「ラベル」をクリックします。

15_label.png
ラベルの内容を入力します。

16_label.png
ラベルに釈を入力することも可能です。右側のメニューから「注」を選ぶと編集画面が表示されます。

リンクの設定

17_link.png
リンクを設定したいトピックを選択し、「挿入」、「ハイパーリンク」をクリックします。

18_link.png
設定したいURLを入力し、「OK」をクリックします。

19_link.png
リンクを設定したトピックには、リンクアイコンが表示されます。

画像・添付ファイルの挿入

20_image.png
画像を挿入したいトピックを選択し、右クリックでメニューを表示させます。「挿入」、「ファイルから」をクリックし、挿入したい画像を選択します。

21_image.png
挿入した画像はドラッグして大きさを変更できます。

マーカーの設定

23_priority.png
マーカーとは、トピックに設定するアイコンです。トピックを選択し、右側のメニューからマーカーアイコンをクリックします。

24_priority.png
設定したマーカーはこのように表示されます。

25_priority.png
また、設定したマーカーはクリックして変更できます。

26_marker.png
マーカーには、タスク優先度のほかに顔・タスクの進捗・旗・スター・ひと・矢印・記号・月・曜日があります。

線の挿入

27_line.png
トピックを選択して上部メニューから「関連」をクリックすると、線が表示されます。

28_line.png
関連付けたいトピックを選択するとトピック同士が線でつながります。関係性のタイトルを入力できます。

要約を作成

29_yoyau.png
要約をしたいトピックを複数選んで上部メニューの「要約」をクリックします。

30_yoyaku.png
要約されたトピックは要約タイトルをつけることができます。

その他

エクスポートする

31_export.png
右上の「エクスポート」アイコンをクリックし、エクスポートしたいファイル形式を選択します。ファイル形式は、画像・SVG File・PDF・Excel・Wordから選べます。

32_export.png
「画像をエクスポート」を選択した場合、出力する画像ファイルの形式を選択します。有料プランのものもありますが、BMP・JPEG・GIF・PNG4種類あります。
ファイル名と出力先を指定して保存します。

まとめ:XMindでアイデアの視覚化をしよう

アイディアを出したり、考えをまとめたりする作業には、マインドマップがオススメです。その中でもXMindは様々なテンプレートから目的に応じたものを選べ、簡単に綺麗で見やすいマインドマップが作れます。また、作成したマインドマップでタスクの優先順位や進捗チェック、締め切りまで設定できるので、プロジェクト管理ツールとしても便利です。
                                                                                    

この記事を読んだ方におすすめ

PowerPointでロジックツリーを作ってみよう

PowerPointでロジックツリーを作ってみよう

問題解決や思考の整理などをする際、ただ闇雲に物事を考えていてもなかなか先に進めません。「ロジックツリー」を作りながら、要素分解をし、順序立てて思考を進めることが重要です。今回は、Microsoft Office PowerPointを使用してロジックツリーを作成する方法を紹介します。

思考の整理ならツールを使おう!無料マインドマップツール6選

思考の整理ならツールを使おう!無料マインドマップツール6選

今回は、アイディア出しの際に使用すると便利な、マインドマップ作成無料ツール6選と、マインドマップ作成時のポイント3つをご紹介します。 どれも難しい操作はなく、海外サービスで英語が苦手な方でも直感的に使用できるものばかりですので、まずは使用してみてはいかがでしょうか。