マインドマップやブレインストーミングで図を作成するときは、特定の概念を中心に、放射状に枝葉を伸ばしてキーワードやイメージを書き出していきます。そのため、最初から完成形をイメージするのが難しいという悩みがあります。

coggleを活用すれば、パワーポイントやドローイングツールでは作成しにくいマインドマップを、誰でも簡単に作成できます。

目次

  1. coggleとは
    1. プラン
  2. coggleの特徴
  3. 登録方法
  4. coggleの使い方
    1. 新しい図の作成
    2. アイコン追加
    3. ユーザー招待
    4. 共有
  5. まとめ

coggleとは

1.png
https://coggle.it/
coggleは、オンラインのマインドマップ作成ツールです。モダン&フラットデザインと直感的に操作できるUIで、誰でも簡単にマインドマップを作成できます。基本的な機能は無料です。複数メンバーでの共有と共同編集機能があるのも特徴です。

1. プラン

全部で3つのプランがあり、プランごとに利用できる機能に制限があります。

Free Awesome Organization
月額料金 $0 $5 $8
プライベートな図の作成可能数 3 無制限 無制限
1,600種以上のアイコン
図のアップロード 無制限 無制限 無制限
高度な図のアップロード ×
変更履歴
PDF・イメージダウンロード
テキストボックス
.mm・テキストでのインポート・エクスポート
共有フォルダ
チャット履歴 ×
自動揃え ×
枝の結合 ×
複数の始点 ×
個人ワークスペース × ×
一括エクスポート × ×
ユーザー管理 × ×

coggleの特徴

オンライン上のマインドマップ作成ツール
● 図やアイコンの追加
● 全ての変更履歴を保存し、特定の時点にさかのぼれる
● 複数メンバーでの共同編集・コメント・チャット機能
● ログイン不要で閲覧可能な共有URL発行
● 図の自動位置揃え(有料プランのみ)
● 結合やループなど、複雑な枝の描画(有料プランのみ)

登録方法

2.png
TOPページで「サインアップ」ボタンをクリックします。

3.png
登録はGoogleアカウントで行います。既にGoogleアカウントを持っていれば、メールアドレスまたは電話番号を入力し、「次へ」ボタンをクリックして先に進みます。アカウントを持っていなければ「アカウントを作成」からGoogleアカウントを新規作成します。

4.png
ログイン完了すると、ダッシュボードに移動します。

coggleの使い方

1. 新しい図の作成

5.png
「Create Diagram」ボタンをクリックします。

6.png
中央の「Click to edit title」をクリックします。

7.png
図のタイトルを入力します。

8.png
枝を追加したい箇所の+(プラス)アイコンをクリックします。項目が新規作成されますので、文字を入力し、Enterキーを押します。

9.png
図のタイトル直下の項目から、さらに枝を伸ばすには、枝を伸ばしたい項目上で右クリックします。円形に表示されるメニューの中から、+(プラス)アイコンの「add branch」をクリックします。

10.png
項目が新規作成されますので、文字を入力し、Enterキーを押します。

11.png
各項目は、ドラッグで場所を移動できます。背景をドラッグすれば、図の表示位置を移動できます。

2. アイコン追加

12.png
coggleでは1,600種類以上のアイコンを入力できます。項目入力欄で半角スペースと:(コロン)を入力すると、アイコンの一覧が表示されます。

13.png
入力したいアイコンを選択し、Enterキーをクリックします。

14.png
アイコンが表示されます。

3. ユーザー招待

15.png
ユーザーを招待するには、画面右上の+(プラス)アイコンをクリックします。

16.png
招待したいユーザーのメールアドレスを入力し、Enterキーを押すか「送信」ボタンをクリックします。

17.png
招待されたユーザーは、受け取ったメールの「VIEW」ボタンをクリックします。

18.png
log inリンクをクリックしてGoogleアカウントユーザー登録を行うと、図にアクセスできます。

4. 共有

19.png
図を共有するには、画面右上の上向き矢印アイコンをクリックします。

20.png
リンクの新規作成」をクリックすると、共有URLが発行されます。共有URLにアクセスすれば、ログイン不要で誰でも図を閲覧できます。

21.png
上部のスライドボタンの「NO」をクリックすると「YES」に変化し、図の公開範囲がPublicとなります。図は検索エンジンクロール対象になり、第三者が図の共有URLを知れるようになります。

図がPublicになっているかどうかは、図の上部の「Public Diagram」という表示の有無で見分けられます。

まとめ

オンラインのマインドマップ作成ツールのcoggleを活用すれば、複数メンバーでのマインドマップ作成・共有が簡単に行なえます。

わかりやすいUIと高い操作性で、マインドマップ作成の手間が最小限になり、アイデア捻出や議論の内容に集中できます。イメージやアイコンも活用して、視覚的に分かりやすい図を作成しましょう。