まとめ

異業種からWeb業界に転職希望されているのであれば、Web関連メディアや用語、Webマーケティングにおいて活用できる心理学などを覚えておくと、面接は多少有利にはなるでしょう。むしろ採用側が何を求めているのかにもよりますが、覚えておいて損はないはずです。
しかし一番重要なのは、変化に対応できる柔軟性を持っているかどうかです。
上記で紹介したWebマーケティング関連のメディアを見ていると、SEOにしろFacebookにしろ、めまぐるしい勢いで仕様が変わっていることに気付くはずです。
そのような業界で、変化に対応できず思考停止してしまったり、過去の経験に囚われて新しいものを取り入れることできなかったら、Web業界で働いていくのは困難でしょう。
変化することが当たり前という風に受け止め、その上で目標を成し遂げるためにはどうすればいいのかを考え、行動できる人材は大変重宝されます。

Web関連に情報収集を積極的に行いながら、変化に動じない精神も養っていくことが大切です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。