ランディングページを作るほどの予算はないけれど、広告文の調整でなんとか精度を上げられないものか、と思っている人は多いのではないでしょうか。

そのように考える広告運用者様に、オススメの事例があります。広告文の調整で、CTRが向上し、CPAが9%減らせたという事例です。

事例:キーワード自動挿入機能でCTR向上

事例サイト概要

事例ホームページ:引越系メディアサイト
どんなホームページか:引越し業者の比較紹介。
目的:ホームページからの資料請求

改善結果

【ビフォー】CTR:8.30% 
【アフター】CTR:8.59%  CPAが9%減
【ポイント】キーワード自動挿入機能の利用

STEP1 課題~ランディングページを作る予算がない

私たちは、ホームページで引っ越し業者様をご紹介し、資料請求などの送客をお手伝いしています。集客では、SEOや、リスティング広告などを活用し、アクセス数を増やしています。

さて、リスティング広告の精度を上げるためには、そのリンク先のページも専用にランディングページ(LP)を作ったほうがいい、と聞きます。しかし、当時の私たちは、広告だけで手一杯で、専用LPを作るまでの予算はありませんでした。

しかし、精度向上はまだまだできると信じていましたので、Yahoo!プロモーション広告の機能で使えるものはないかと、徹底的に調べました。

STEP2 改善~キーワード自動挿入機能

キーワードゆらぎに対応

日本語は難しいです。「引越し」も「引越」も「引っ越し」も意味は通じてしまいます。そして、Googleなどの検索エンジンもそれらの「ゆらぎ」をきちんと理解して、検索結果を表示してくれます。

ゆらぎ

しかし、そのキーワードと広告文とがマッチしていなかったら違和感を感じるかも?と思いました。

実際、当時の私たちの広告文は、ユーザー検索キーワードに100%一致していませんでした。わずかとはいえ、そこに違和感を感じクリックしてくれないユーザーもいるのでは?と考えました。

キーワード自動挿入機能

リスティング広告にはそれらを解決する機能があると知りました。キーワード自動挿入機能というそうです。

参考リンク[キーワードの自動挿入機能]でクリック数アップ

ユーザーの検索したキーワードを自動的に広告タイトルに挿入してくれるのです。これにより、キーワードのゆらぎがあったとしても、一致した単語で表示できます。

広告タイトルに、{KEYWORD: テキスト} と入れることで、自動的に設定したキーワードで置き換えて表示してくれるのです。これを使っていませんでした。

キーワードが「引っ越し、引越、引越し」で、広告タイトルを「{keyword: テキスト}の見積もりならこちら」に設定していたとします。すると、「引越し」で検索されたときは「引越しの見積もりならこちら」、「引っ越し」で検索されたときは「引っ越しの見積もりならこちら」などと、置換されて表示されるようになるのです。ユーザー自身のキーワードに一致させられるため、クリック率(CTR)向上が期待できます。

キーワードの自動挿入機能