STEP3 考察~サジェスト対策に悩む

結果としてCTRCVR、CPAすべて向上しました。今まで使っていなかったことは残念でなりませんでした。いっぽうCVRは向上こそしましたが、誤差の範囲では?と思える程度の変化でした。

キーワード自動挿入機能はYahoo!プロモーション広告に付いている機能ですので、当然競合も実施してきます。もっと勉強しなくてはと思いました。また、文字数制限を超えるキーワードの場合は、機能しないなども注意する必要があります。
(ちなみに自動挿入機能はGoogleAdWordsにもあります。使い方はコチラ
また最近、キーワードのぶれ対策よりも困っていることがあります。それが、キーワードサジェスト(検索語入力欄に表示されるキーワード補助機能)が、特定のキーワードでうめつくされてしまうことです。

海外では、大量に同内容の検索をすることで、意図した補助キーワードを、強制的にを表示させるサービスを運営している企業がいるようです。真偽のほどはわかりませんが、少々困っています。実際、「Google サジェスト スパム」で検索しますと、多くの記事がヒットしました。Googleではすでに対策済みのようなので、今後Yahoo!でも改善されることを期待します。

いずれにせよ、広告文の調整は、ランディングページを作るよりは安価にできる対策です。これからも定期的に見なおして、精度アップを目指したいと思います。