まとめ

ポートフォリオサイトは、自身の作品をまとめたサイトであり、スキルや実績をアピールするために活用できます。
作成にあたって最低限下記のような作品情報は記載しておくようにしましょう。

・制作に携わったWebサイトの名前や作品のタイトル
・写真やキャプチャなど作品のビジュアル
・作品の目的、コンセプト、ターゲット、担当した部分、制作期間などの作業内容
・制作する上で挑戦した点や工夫した点など作品のポイント

今回紹介したように、無料でポートフォリオサイトを作成できるサービスもあります。
サービス自体の使いやすさだけでなく、自分の作品の魅力を引き出すことができるデザインを実現できるのかといった視点でサービスは選びましょう。

こちらも合わせてチェック

ポートフォリオをもっとカッコよく!上手なポートフォリオサイト20選

ポートフォリオをもっとカッコよく!上手なポートフォリオサイト20選

ポートフォリオサイトのデザインがなかなか決まらない!という方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな悩みを持つ方に向けて、ポートフォリオサイト作成の参考になる20デザインをご紹介します。

世界でシェアを誇る有名CMSを比較!それぞれのメリット・デメリット

世界でシェアを誇る有名CMSを比較!それぞれのメリット・デメリット

Webサイトを制作する際によく利用されるCMS。いざ利用しようと思っても、たくさん種類があるためどれを利用すべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。この記事では、世界シェア上位5位までのCMSを、メリット・デメリットを挙げながら比較してみました。CMS選びの際に、ぜひ参考にしてみてください。