ソーシャルコマースが実施できる主要SNS

Facebook

Social_Commerce_-_4.jpg
Facebook

現在、企業はFacebook内でショッピングページを作成できます。広告やカタログの配信、メッセンジャーでユーザーと連絡をとることが可能です。

インスタグラム

Social_Commerce_-_5.jpg
Instagram

インスタグラムは、特に10代から20代のユーザーに多く利用される、写真に特化したSNSです。様々なカテゴリの写真が投稿される中で、企業も自然にPR画像やキャンペーンを実施できます。

ユーザーアプリ上の写真からそのまま商品を選択して購入できるため、利便性も高いといえます。

Pinterest

Social_Commerce_-_6.jpg
Pinterest

Pinterestは、インターネット上の画像を自分の「ボード」と呼ばれるページに集めることができる画像収集サービスです。ショッピング機能も搭載しており、気に入った商品画像をクリックすると、その商品の販売ページへ遷移することができます。

まとめ

情報が溢れる今、ただやみくもに企業が商品のメリットを一方的かつ広範囲にアピールしても、顧客からの関心は集めにくくなっています。顧客1人に響く情報をいかに響かせる形で提供していくかが重要です。

企業と顧客の距離がどんどん近づいている中、自社でもソーシャルコマースを検討してみてはいかがでしょうか。