ポイントカードは、現在多くの小売店舗が導入しています。自店舗でも、ポイントカードを導入して顧客管理している方も多いのではないでしょうか。

ポイントカードは、貯めることによって何かしらの恩恵を受けることができるため、顧客にとっては同じ店舗やブランドをリピート利用する動機になります。企業にとっても、長期的に利用する顧客を増やしたり、他店と差別化したりするための施策として活用されています。

しかし、客数が増加するにつれてポイントカードの管理が煩雑になり、業務を圧迫してしまっている店舗も少なくありません。顧客側にとっても、数多くのカードを持ち歩くのは大変ですし、カードを紛失したり忘れたりといったリスクもあります。

そんな時は、ポイントカードを電子化し、システム上で管理するサービスを活用してみてはいかがでしょうか。ポイント管理サービスを導入することで、顧客にとってはカードを持ち歩く手間がなくなります。また企業にとっても、顧客情報の管理だけでなく、分析によって販売促進活動に繋げることもできるようになります。

今回は、ポイントカードを電子化し管理できるサービスのメリットとデメリットを解説した上で、提供されている主要サービスを12個ご紹介します。
  

ポイントカード電子化のメリット

ポイントカード電子化のメリットは、以下のとおりです。

1. 情報のデータ化による顧客の属性や傾向の把握
2. データ分析によるサービスの向上
3. 販売促進とリピーターの育成
4. 導入コストの削減

  

1. 情報のデータ化による顧客の属性や傾向の把握

ポイントカードの会員情報をデータ化することで、顧客の属性や傾向を把握することができます。顧客の傾向を、店の品揃えや店内デザインの参考にしてみましょう。
  

2. データ分析によるサービスの向上

システム上で収集できる主なデータは次のようなものがあります。

● 収集できるデータ

・顧客の個人情報(性別・年齢・職業)
・購買履歴(直近来店日・購入内容・購入金額)
・一定期間内に類似ターゲットから人気があった商品
・キャンペーンの売上効果
・各顧客への接客メモ

会員の年齢・性別などの個人情報以外にも、購買履歴や接客したスタッフのメモなどをデータ化できます。そのため、次回接客する担当が変わっても、前回来店時と変わらないサービスを提供できます。

また、購買傾向を把握し、顧客の好みに応じた情報発信や商品の宣伝を行うことで、購買意欲を高めることにも繋がります。
  

3. 販売促進とリピーターの育成

顧客の自店への関わり方に応じて、個別に適したアプローチができるようになります。

例えば、初回来店1週間後に、購入した商品の評価を伺うメール配信や、誕生日や記念日のクーポンなどを配信できます。これにより、プロモーション活動の精度を上げることができます。

キャンペーンやDMの効果を測定しながら改善できるため、顧客ニーズを把握した上でのプロモーションが可能です。
  

4. 導入コストの削減

外部のサービスを利用することにより、はじめからポイントシステムを構築する手間を省けます。運用中のフォローも受けられるため、自店スタッフは本業に専念することができます。
  

ポイントカード電子化で気をつけるべきこと

ポイントカード電子化において、以下の点は気をつけるようにしましょう。

1. 既存システムやデータの引き継ぎを徹底する
2. ポイントカード施策は明確に設計する
3. 運用コストを把握する
4. セキュリティ対策をチェックする

  

1. 既存システムやデータの引き継ぎを徹底する

ポイントシステムを導入する前に紙のポイントカードで運用していた場合などは、これまで管理していたデータの引き継ぎを徹底しましょう。データ量が膨大であるほど、データの移行に手間取ることがあります。

データだけでなく、実際にポイントシステムを管理したり利用したりするスタッフへの情報共有も行います。ルールや管理方法をしっかり共有しておくことで、移行に伴うトラブルを防止できます。
  

2. ポイントカード施策は明確に設計する

ポイントシステムの導入の主な目的は、顧客満足度や売上の向上です。どのような特典があると喜ばれるかなど、顧客が求める運用方法を考えましょう。

ただポイントを貯めてもらうだけでなく、購入や来店の頻度が低い顧客へのアプローチなど、施策や視点を工夫することも必要です。
  

3. 運用コストを把握する

ポイントシステムを導入すると、開発コストなどの初期費用は抑えられます。しかし、運用費がかかるサービスもあるため注意しましょう。サービスによっては、オプション料金がかかるものもあるため、必要な機能は何か整理してから比較検討することをオススメします。
  

4. セキュリティ対策をチェックする

顧客情報をインターネット上で管理する以上、セキュリティ上の情報漏えいリスクなどは免れません。個人情報の取り扱い方などは十分に確認しておきましょう。
  

主要なポイントシステム管理サービス12選

今回は、主要なポイントシステム管理サービスを12個ご紹介します。

1. ポイント管理システム
2. cardfeel(カードフィール)
3. ValueFront ポイントサービス
4. CROSS POINT(クロスポイント)
5. PointInfinity(ポイントインフィニティ)
6. RetailArtist(リテールアーティスト)
7. Zeetle(ジートル)
8. NPSポイントカードシステム
9. SUNNYpoint(サニーポイント)
10. dodo point(ドドポイント)
11. POCKETTA(ポケッタ)
12. P+KACHI(ピーカチ)

1.ポイント管理システム

Point_Card_-_1.jpg
ポイント管理システム

株式会社クレアンスメアードが運営する、利用会員数1,000万人以上のポイント管理システムです。30業種以上で、POS、ポイントカード、専用タブレットなどどの連携が可能です。
  

2. cardfeel(カードフィール)

Point_Card_-_2.jpg
cardfeel(カードフィール)

登録店舗数2,500店舗以上のポイントシステムです。紙のカードとスマートフォンの両方に対応しています。スマートフォンでは、顧客にプッシュ通知でお知らせやクーポンを送信できます。
  

3. ValueFront ポイントサービス

Point_Card_-_3.jpg
ValueFront ポイントサービス

ポイントシステムやキャンペーンの仕組みを、SaaS型で提供しています。SaaSとは、企業にとって必要な機能だけをサービスとして利用できるソフトウェアを指します。ValueFrontの電子マネーサービスとも連携しており、様々な会員サービスを提供できます。
  

4. CROSS POINT(クロスポイント)

Point_Card_-_4.jpg
CROSS POINT(クロスポイント)

会員情報やポイントを一元管理できるだけではなく、イベント機能を活用して販売促進につなげることもできます。POSのない出店先でもポイントと連動できたり、ネットショップと連動できたりと、様々な角度からサービスを展開できます。
  

5. PointInfinity(ポイントインフィニティ)

Point_Card_-_5.jpg
PointInfinity(ポイントインフィニティ)

多様化した情報を統合し、活用できるポイントシステムです。加盟している企業や店舗でのポイントを共通化することで、顧客の囲い込みが可能です。ネットショップや実店舗など異なるチャネルでも情報を一元化できます。
  

6. RetailArtist(リテールアーティスト)

Point_Card_-_6.jpg
RetailArtist(リテールアーティスト)

1,000万会員を越える大規模なシステムにも対応するポイント顧客システムです。リアルタイムで購買履歴やポイント残高を確認できるため、迅速な接客や対応が可能です。中小規模の企業や店舗に向けて、クラウド型(SaaS)のサービスも提供しています。

7. Zeetle(ジートル)

Point_Card_-_7.jpg
Zeetle(ジートル)

会員化機能だけではなく、口コミによる販売促進やクーポンの配布も行えるサービスです。顧客はZeetle(ジートル)のアプリをインストールし、利用した店舗のクーポンを友人に配布することができます。QRコードや、Facebook、TwitterなどのSNSからも会員化できるため、顧客の手間を省けます。
  

8. NPSポイントカードシステム

Point_Card_-_8.jpg
NPSポイントカードシステム

顧客管理システム・ポイントカードシステム・顧客分析機能を提供するクラウドサービスです。顧客情報とカードに利用履歴から、顧客の動向を分析できます。また、POSシステムやスマートフォンアプリ、ネットショップなど様々なサービスとの連携が可能です。
  

9. SUNNYpoint(サニーポイント)

Point_Card_-_9.jpg
SUNNYpoint(サニーポイント)

導入店舗2,200店舗以上、継続率98%以上のポイント・顧客管理・メッセージ配信システムです。自店舗のPCで利用できる「PCプラン」と、サニーポイント専用タブレットを利用する「専用タブレットプラン」があります。
  

10. dodo point(ドドポイント)

Point_Card_-_10.jpg
dodo point(ドドポイント)

ポイントカードやスマートフォンを使用しない、小売店舗向けのクラウド型ポイントシステムです。顧客は何の準備も必要とせず、タブレットに携帯番号を入力するだけでポイントを貯めることができます。クーポンや割引券の利用も可能です。
  

11. POCKETTA(ポケッタ)

Point_Card_-_11.jpg
POCKETTA(ポケッタ)

POCKETTA端末とおサイフケータイを活用した販促サービスです。3G回線のため、インターネットがない場所でも設置できます。携帯電話やICカードが会員カード代わりになります。CMSコンテンツ管理システム)機能を搭載しており、携帯会員サイトのカスタマイズも可能です。
  

12. P+KACHI(ピーカチ)

Point_Card_-_12.jpg
P+KACHI(ピーカチ)

携帯電話をポイントカードとして利用できる販促サービスです。メール配信やクーポン発行、アンケートの実施と回収など、様々な機能を基本料金内で利用できます。メール配信時とアンケート回答時にポイントを付与できるため、顧客にとってもメリットのある販売促進が可能です。
  

まとめ

ポイントカードは、顧客の継続利用を促したり、他店との差別化を図ったりというメリットがあります。今はTポイントカードのような、複数の業種や店舗を横断したポイントカードシステムも普及しています。ポイントシステムは、顧客のエンゲージメントを生み出す有効な手段といえます。

そのポイントシステムを電子化することで、店舗側はこれまで感覚や記憶に頼っていた顧客の傾向などを、データで定量的に管理・分析できるようになります。顧客の継続利用だけではなく、ほかのキャンペーン施策などにも有効活用できるため、紙で管理している方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。