各プラットフォームの特性を踏まえ、最適な発信手段を選択する

企業が情報発信に取り組む上では、各プラットフォームの特性を踏まえて、最適な発信手段を選択することが重要です。

各プラットフォーム独自の機能を上手く活用し、プラットフォームにいるユーザーコミュニティにリーチすることができれば、専用のWebサイトを構築するよりも多くの人に認知してもらえる可能性もあるでしょう。

重要なのは、自社が発信したい情報とそのプラットフォームにいるユーザー層がマッチしているかどうか。プラットフォームトンマナを理解するためには、まずは掲載されている記事に触れ、実際に個人として利用してみるのがオススメです。

これから情報発信に取り組もうとしているけれど、色々試してみたい、小さく始めてみたいと考えている企業の方は、コンテンツプラットフォームの活用も選択肢に入れてみてください。