まとめ

3年弱でこれほどまでに進化した、ウェアラブル市場を牽引する代表的なプロダクトであるApple Watch。売り上げが「不調」であると伝えられていた時期もありますが、現在はむしろ「好調」で、「ウェアラブルといえばApple Watch」という堂々たる地位を築きつつあります。

Fitbitの株価が2015年のピーク時に比べると5分の1に下がっていることから、ウェアラブルは「終わったもの」として捉えられやすいということもあります。しかし、Apple Watchを見る限りは、今後もどんどんと進化を続けていくことが予想されます。