マーケティングに関わる中で「戦略」と「戦術」という言葉をよく聞いたり、使ったりします。戦略は「経営戦略」「営業戦略」といった表現でビジネスマンはよく触れる言葉でしょう。

一方で「戦術」とは何でしょうか。

この2つの言葉の違いを認識することは、ビジネスを進める上で非常に重要です。今回の記事ではこの二つの言葉の違いとなぜ理解が重要なのかを解説します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

戦略とは

戦略とは「達成したい方向/世界への達成の仕方」と表すことができます。「経営戦略」と言われるように企業に置いて大局的な視点を持ち、重要な意思決定が現れる基本的な考え方です。

また事業レイヤーでみると、どのような業界で、どういった立場の企業を目指すかを示すものです。そのために会社のリソースをどの事業部に割り振るのかといったことが含まれます。

戦術とは

 一方で戦術とは戦略を実現するための具体的な手段・行動のことで、戦略に対し、複数の戦術が考えられます。

ユニクロの戦略と戦術

戦略の例として有名なものにユニクロのコスト・リーダーシップ戦略と言うものがあります。

ユニクロは同業他社に比べて、安価に商品を提供できることを強みとし、競争優位性を保持しています。

戦術としてはこの戦略を実践するために商品の企画から製造、販売まで一貫して担う「SPA」を推し進め、衣料品を低価格に抑えています。このSPAを戦術として捉えることができます。

ここから見えるのはまず他社よりも安価な商品を提供することで競争力をもつと言う方針を持った上で、それを実現するためのSPAと言う戦術を持ったことです。ただ、価格を安いものを作るだけのためにSPAを実行しても競争力を測ることができません。

戦略があって、初めて戦術が生きてくると言う意識が大切です。

まとめ:それぞれの意図を理解しよう

戦術と戦略という、一見すると似たような言葉の意味について説明しました。こうした戦略をわざわざ分類して応用するのは日本の企業が日本だけでなく、世界中の企業や顧客を相手にしているためです。

戦略をしっかりとたて、それにあった戦術を考えてみましょう。