事業を進めるために経営戦略を固めることが重要です。ではこの経営戦略はどのように分解できるのでしょうか。

それが「全社戦略」「事業戦略」「機能戦略」の3つのレベルです。今回の記事ではこの3点にマーケティングがどのように関係してくるのかを解説します。

「全社戦略」「事業戦略」「機能戦略」の各戦略は事業レベルごとに分けられます。全社戦略は経営ビジョンなどの企業レベルを、事業戦略は事業部ごとに商品・サービス戦略を決め、機能戦略では事業を推進するためのより細かい戦略を決定します。

それではそれぞれ見ていきましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

企業として向かう方向性と進み方を決める「 全社戦略」

全社戦略とは「企業として向かう方向性と進み方」と言うことができます。そこには会社としてのミッション/ビジョンが明示され、それらが個別の事業戦略に落とし込まれ、全事業のポートフォリオが決まります。そのポートフォリオに合わせたリソース配分が決定されます。

主に経営層が決定するものです。

全社戦略から事業戦略に落とし込まれるのが通常ですが、反対に事業戦略をもとに全社戦略へと反映される場合もあり、トップダウン的なものではなく、双方向の動きと捉えることができます。

事業として向かう方向性と進み方を決める「事業戦略」

事業戦略は「事業として向かう方向性と進み方」です。事業としてのミッション/ビジョンを決め、全社戦略との整合性の中で決められていきます。

企業が大きくなるにつれ、事業が多角化し、事業レベルでの戦略が重要になります。一方で、中小企業では企業戦略が事業戦略を兼ねることもあるでしょう。

事業レベルでは他社と比較すると多くのライバルがいます。その中で競争優位性をいかに確保するのかといった方針を決定します。

営業部や開発部、マーケティング部といった事業部ごとの戦略のほか、関東や関西といった地域ごとに分けられる場合もあります。

機能戦略とは

機能戦略とは「事業としての進む方のそれぞれの方向性と進み方」です。事業を具体的に推進するためのそれぞれの戦略で、事業戦略との整合性の中で決められていきます。

例えばメーカーであれば、営業戦略や人事戦略、商品開発戦略などが挙げられます。

マーケティングとの関連

これまでに見てきた経営戦略は大きな枠組みであり、マーケティングはそれぞれの枠組みで捉えられる顧客をどのように捉えるかを考えるものです。

そのため、特に事業戦略の中でマーケティング戦略が立案されることが多く、事業戦略と同等の意味と捉える人もいます。

全社戦略といった経営レベルの場合では大枠の戦略を決め、機能面では市場調査や4Pといったフレームワークを用いた機能面を最大化させるためのマーケティングを実施することになります。

まとめ:

経営戦略を分解し、これらの違いとマーケティングとの関わりについて解説しました。それぞれの違いを理解し、事業に役立てましょう。