ferretのトップページでは、ユーザーのみなさまに「次に読みたい記事」をスムーズに見つけてもらう必要があります。それは、メディアサイトのトップページではどこも同じでしょう。

今回のA/Bテストでは、トップページの直帰率改善のため、記事への回遊を増やすことを目的にファーストビューを改善しました。

トップページのファーストビューでA/Bテストを実施

2017/06/19(月)~2017/07/07(金)の18日間、ferretのトップページを訪問したすべてのユーザーを対象にテストを実施しました。

テストクリエイティブ

image2.png

もともとferretのトップ画面には、上の画像のように、カルーセルが表示されていました。
しかし、ferretのユーザーが使っている主要な画面サイズのパソコンでは、ファーストビューがカルーセルで埋め尽くされてしまい、最新のニュース記事をすぐに読むことができません。

image1.png

そこで、カルーセルを非表示にし、ファーストビューに複数の記事が入るように変更してテストをしてみました。

テスト結果

[member_only]
A/Bテストの結果数値が以下の表です。

セッションあたりのページビュー数・直帰率のどちらも、改善されているのが分かります。

テスト結果 セッション PV PV/ss lift 最適である確率
デフォルト 10,855 34,922 3.22 --- ---
テスト 11,641 39,055 3.35 3〜6% 100%
テスト結果 セッション 直帰数 直帰率 lift 最適である確率
デフォルト 10,855 5,883 54.19% --- ---
テスト 11,641 6,163 52.94% -4〜8% 76%

「最適である確率」が76%とやや低めですが、1セッションあたりのページビュー数については明確に有意差が出る結果になりました。

スクリーンショット_2018-08-31_15.49.19.png

ラベルごとのクリック率を見ても、テストパターンの方が最新記事(「最新エントリー」)のクリック率が上がっていることが分かります。

結果として、下の画像の黄色いエリアのクリック率が上がったため、当初の目的からは成功と言える結果となりました。

まとめ:ユーザーの環境と目的に合ったUIを

今回のテストでは、まず「トップページの直帰率を改善したい」という課題から、「トップページから次に誘導したい画面はどこか」「そこへの導線ユーザーにとって分かりやすいか、すぐに見つけやすいか」という順でUIの改善点を探しました。

ファーストビューのチェックは、サイトの直帰率改善で最も重要とも言えるでしょう。
ユーザーページが表示された数秒で「このページが自分の興味に合っているか」「自分の知りたいことはこのページで解決するか」などを判別し、少しでも違和感を感じたらすぐに離脱してしまうものです。

そのため、ファーストビューには必ずユーザーに次に取ってほしい行動や、伝えたいメッセージが、分かりやすく入っていることが重要です。

サイトによってはヒートマップツールなどを導入し、ページのスクロール率を細かく分析しているかもしれません。GTMを使っていれば、Google アナリティクスでページのスクロール率計測を簡単に実装することができます。

また、そこまで細かくツールを使えない…という場合でも、自サイトのユーザーが使っている画面サイズの種類とシェアGoogle アナリティクスで確認することができます。
まずは自分のパソコンで同じサイズにして自サイトを確認し、「もっと改善できることはないか?」と探してみましょう。