Webディレクターは、何かと職域の広い職種と言われます。基本的な業務としては、Web制作の企画や制作進行管理などですが、より良いWeb制作を実現するためには幅広い知見を持っていると非常に武器になります。

では、Webディレクターが持っていると力を発揮できる知見とはどのようなものがあるのでしょうか?

業務進行全体のクオリティを高めるマーケティングの知識

先ほども書いたようにWebディレクターはWeb制作の進行管理など、幅広い業務に携わります。そのため目標設定から分析・改善といった業務全般に関わるデジタルマーケティングの知見が必要となってきます。

Webで解決を目指す課題はマーケティング課題であることが多く、「Webでどのような情報発信をすれば顧客のビジネスに良い効果を発揮するか」を考える必要があります。

マーケティングの知識として、以下のものを考えることが挙げられます。

ペルソナ設定

例えば、Webの設計段階でまず「どんな人がサイトに訪れる想定か?」を考えるために「ペルソナ」を設定しなくてはなりません。制作するWebサイトを見て、ユーザーにどうなって欲しいのか?どのような心境の変化を促すのか?などを想定し、サイトで実現したいこと(ゴール)を設定する必要があります。

参考:
ペルソナを作成してターゲットユーザーを明確にしよう

KPI、KGI

制作されたサイトを運用してより効果を出していくためには、KPIKGIの設定などを検討します。KGIKPIは、目標とその目標に辿り着くまでの過程を共通して認識できるように言語化・数値化された指標です。

KGIKPIをしっかり設定できるようになることが重要です。

参考:
目的を定めてKGIとKPIの設定をしよう

MA

また、近年ではWebサイトを活用したマーケティングオートメーション(MA)など、様々なデジタルマーケティングの手法が確立されています。ただ制作するだけでなく、発展的なデジタルマーケティングの展開まで提案できると、より価値を発揮できる可能性があります。

デザイナーと円滑に業務をするためのデザイン/UI・UXの知識

デザインの知識もWeb制作には大いに役に立ちます。「センスがないから、全部デザイナーさんにお任せする」と思ってしまう方もいらっしゃいますが、センスというのは知識の上に成り立つものです。

最終意思決定のために必要なデザインの知識

Webディレクター自らがでデザインをできる必要は必ずしもありませんが、デザインに関する基礎知識などを持っていれば、デザイナーさんに任せきりにならずしっかりとした指示出しができるようになります。また、最終的に意思決定をするのはディレクターの仕事のため、本当にこのデザインで良いのか?を判断し、クライアントに説明するためには、デザインに関する知見があると非常に進めやすくなります。

より良いデザインを作り上げるためにも、デザイナーと高度なディスカッションができることも良い効果をもたらします。

UIUXはWeb制作において重要であり、これらの知見はとても重宝されます。UIデザイナー、UXデザイナーと呼ばれる職種も近年注目されており、Webサイトの使いやすさ、良質なユーザー体験の設計などが重要視されています。単純なサイトの見た目だけでなく、機能性や使いやすさ、ユーザーがどのような体験ができるかといった観点を持つことがより良いサイト制作を実現します。

Web制作をスムーズに進めるためのSEOの知識

せっかくサイトを制作しても、誰にも閲覧されなくてはあまり意味がありません。公開したサイトにアクセスを集める意味で、SEO対策(検索エンジン最適化)は欠かすことができません。

SEOは専門の業者がいるほど重要視されている分野です。反対に、ある程度専門的な知識が必要とされていつつも、「決まった対策をすれば必ず効果がでる」というわけではないため苦手意識があるWebディレクターもいらっしゃるでしょう。

また、Webディレクターは制作してリリースするまでを担当するパターンも多く、その後のアクセス数などを把握できずSEO対策の効果を実感できないというケースも多いでしょう。

SEOはサイトの全体設計をする時点から持っておいたほうが良い観点です。ページタイトルの付け方やディレクトリ構造など、後から変更するとややこしくなる内容も多くあります。サイトの設計段階でSEOの観点からのルール決めなどをしておくと、制作のスムーズさ、公開後のパフォーマンスなどに大きく違いが出てきます。

CVに大きく影響するコピーライティング

Webサイト制作において、言葉のチョイスは非常に重要です。サイトデザインや機能だけではなく、人の心を動かしたり説得したりするのはやはり言葉です。

メインビジュアルにおいてキャッチになるコピーライティング次第で、サイトの効果が大きく左右されると言った場合もあります。ランディングページ制作の場合には特に、コピーライティング次第でコンバージョン(CV)に影響します。

キャッチコピーについてはコピーライターにしっかりとお願いする場合もありますが、ワイヤー制作の時点でWebディレクターが考案する場合も多いです。サイト全体を把握し、最適な言葉を選ぶ能力は非常に強力なスキルになります。

まとめ:幅広い知識を身につけて業務に生かそう

より良いサイト制作には、幅広い知識が要求されます。すべてにおいて専門家になる必要はありませんが、どのスキルも確実に業務にいきてきます。関心がある分野があれば、1つでも深堀してみてはいかがでしょうか。