マーケティング業界の中でも注目度の高いMA(マーケティングオートメーション)。スマートフォンやSNSが普及したことにより、MA(マーケティングオートメーション)を活用する企業はさらに増加しています。

no

オンライン・オフライン施策を統合してOne to Oneマーケティングを実現するMAツールは? >>チェック

サイト来訪者の獲得からCRM、メールマーケティング、購買分析、ランディングページ構築、アンケート機能など、One to Oneマーケティングを実現するためのあらゆる機能を取り揃えたMA(マーケティングオートメーション)ツール「MOTENASU」をチェック。

今回のテーマはそんな「MAとは」。基礎知識や導入メリットについて紹介します。

MA(マーケティングオートメーション)とは?意味の説明

MA(マーケティングオートメーション)とは?意味の説明

MA(マーケティングオートメーション)とは、英語の「Marketing Automation」マーケティングの自動化というのを略してMAと呼んでおり、Marketing(マーケティング)をAutomation(自動化)するという意味です。集客・顧客管理・販売促進など、マーケティングに関する一連の業務を自動化するツール・手法ことを意味して使用されます。

2014年頃から徐々に注目が高まり、Webマーケティングやメールマーケティングなど、様々なマーケティングに活用できることから、IT企業のみならず、MA導入企業は年々増加しています。

MA(マーケティングオートメーション)の導入目的と必要性

MA(マーケティングオートメーション)の導入目的

目的1:売上を増加させる

多くの企業は「売上を増加させる」ことを目的として、MA(マーケティングオートメーション)を導入しています。

MA(マーケティングオートメーション)は、マーケティングと営業をつなぐ重要なハブとなり、顧客のエンゲージメントを高め、LTV(顧客生涯価値)を最大化させます。

顧客にとって最適な対応を長期的に行うことで、集客が増加し売上につなげることができるでしょう。自動化できるツールで、売り上げ増大につなげられることはMA導入の大きなメリット、魅力になっています。

目的2:業務の効率化

「煩雑化しがちな業務をラクにしたい」「生産性を上げたい」という理由から業務効率化を目的としてMA(マーケティングオートメーション)を導入する企業も多いです。なかなか手が回らない業務も、MAの導入で、効率化の実現が可能になります。

既にメール配信ツールやCRMなどを取り入れている企業は「今さらMAは必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、業務ごとに複数のツールを導入すると、かえって業務負担が増えて効率性に欠ける可能性があります。

MA(マーケティングオートメーション)は、マーケティングに必要な機能を豊富に搭載しているものが多く、1つのツールで完結できるためコスト削減と業務効率化を実現できます。

MA(マーケティングオートメーション)の必要性

2014年頃から徐々に注目が高まっているMA(マーケティングオートメーション)ですが、なぜ今注目されているのでしょうか。

主な理由として挙げられるのが、マーケティング業務のクラウド化や見込み客のデータ管理の強化です。

様々な顧客の課題に対応するために、マーケティング関連の技術が次々と生まれ、マーケティング業務の負担は益々大きくなっています。
こうした業務負担を解消するために、MAは必要性が高い存在となっているのです。

マーケティング業務をクラウド化することで、顧客データの集積や分析が容易になり、データの管理も強化され業務効率は格段に上がると期待されており、多くの企業が必要性を感じ、MAを導入しているというわけです。