Web担当者の皆様は、Web関連の法律についてしっかり理解されているでしょうか。
著作権法や個人情報保護法など、インターネット関連の法律は多数存在しています。
それらの法律を全て理解し、しかも正しく解釈するのは、法律の専門家でない限りかなり難しいでしょう。

「これは著作権法にあたるのか…」、「この表記は景表法に抵触しないか…」と迷った時、専門家の意見を得ることができれば心強いものです。

今回は、Web関連法規についての疑問を解消したいときに役立つメディアを3つ厳選してご紹介します。
どれも法律の専門家である弁護士の方々がコンテンツ作成をされているので、信頼性は抜群です。法律関係で困ったときは是非確認してみましょう。

1. 弁護士ドットコム

弁護士ドットコム
http://www.bengo4.com/
運営会社:弁護士ドットコム株式会社(http://corporate.bengo4.com/)

弁護士の資格を持つ元榮 太一郎氏が代表を務める弁護士ドットコム株式会社が運営しているメディアです。
国内初の法律相談ポータルサイトとして立ち上げられた「弁護士ドットコム」では、ユーザーの法律に関す質問と、それに対する弁護士からの回答を閲覧できる「みんなの法律相談」の他、登録されている8,000名の弁護士のプロフィール検索なども行えます。

併設されている弁護士ドットコムニュースでは、法律関連の最新情報の他、弁護士によるコラムなど、月に約130本のニュースが公開されています。

オウンドメディアとして大きく成功しており、昨年の12月にはマザーズ上場を果たしました。
弁護士ドットコム、マザーズ上場へ ― 2014年3月期売上2.9億円 :ベンチャーニュース:Venture Now(ベンチャーナウ)

2.シェアしたくなる法律相談事務所

シェアしたくなる法律相談事務所
http://lmedia.jp/
運営会社:ターゲッティング株式会社(http://www.targeting.co.jp/)

メディア運営に関するコンサルティングマーケティングを行うターゲッティング株式会社が運営する「シェアしたくなる法律相談事務所」は、ソーシャルメディア上で話題になったニュースを、法律に絡めて解説したコンテンツを配信しています。

こちらもコンテンツ作成は弁護士が担当しており、「離婚・男女、借金、遺産相続、交通事故、詐欺、消費者被害、労働トラブル、その他」の8つのカテゴリについて、専門家ならではの意見を閲覧できます。

3.AZX Professionals Group公式ブログ  AZX Super Highway

AZX Professionals Group公式ブログ  AZX Super Highway
http://www.azx.co.jp/blog/
運営会社:AZX Professionals Group(http://www.azx.co.jp/)

AZX Professionals Groupが運営する公式ブログ「AZX Super Highway」です。
グループ内の組織の1つであるAZX法律事務所は、ベンチャー企業向けのサポートに特化しており、公式ブログでもベンチャー企業に向けてすぐに役立つ法律関連の記事を更新されています。

まとめ

インターネットの発達と同時に、法律の内容も少しずつ変化しています。
これまでに存在しなかったインターネット空間を安心して利用できるようにするため、迷惑メールや電子商取引(ネットショップ、オークションなど)に対する法律が制定されました。
個人情報漏洩や著作権侵害などは、インターネット空間では簡単に起こりえる問題で、ここ1、2年でもかなり頻繁に起こっています。
また、TPPに関連し、著作権保護期間が延長されたり、著作権法の内容も一部変更されています。

参考記事

知っておかないとまずい!直近1ヶ月の著作権関連の最新ニュース6選

法律はナマモノです。今の時代に対応した内容になっていなければ形骸化して意味をなさなくなります。変化のスピードが早い現代においてはなおさら、法律にも変化が求められるでしょう。
そのよう変化していく法律の内容は、企業ホームページを運用する方であればきちんと理解しておく必要があります。
上記で紹介したようなメディアを定期的に確認し、変化に備えることをオススメします。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。