Webマーケティングの業務は非常に多様化しています。メールマガジンの配信やSNSやブログの活用、アクセス解析や市場分析など、全てを人力で対応しようとすれば多大な工数が発生します。そして、いざマーケティング施策を実施する際、何を優先するべきなのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

上記のように煩雑化しやすいマーケティング業務を効率化するために「MA(マーケティングオートメーション)」が活用できます。MAツールを導入することで、メール配信、データ分析、リード管理など人力では非効率な業務を自動化できるツールです。

MAには様々なタイプがあり、扱う商材やターゲットによって最適なものも変わってきます。今回はBtoBの企業向けに、MAについての概要を解説しつつ、BtoBに合った主要MAツールを14種類まとめました。特徴もまとめていますので、マーケティング業務を効率するための手段として活用してみてください。

BtoBリードを成果報酬で獲得できるサービス『PROFESSIONAL PORT』

BtoBリードを成果報酬で獲得できるサービス『PROFESSIONAL PORT』

国内最⼤規模の1,000万⼈ビジネス層DB×アンケート型PR『PROFESSIONAL PORT』について解説致します。

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは?

「MA(マーケティングオートメーション)」とは、メール配信からリード顧客の管理、キャンペーンの効果測定のようなマーケティング業務を統合的に管理し、一部の業務を自動化できるサービスです。

従来はメールマガジン配信サービスや、アクセス解析など単体のサービスを個々に操作するのが一般的ですが、それらを統合することで管理や検証の効率を向上させることができます。

近年のMAツールは、クラウド型(SaaS型)の製品が増えており、自社サーバーを用いず利用できるため導入コストが掛からないのが特徴です。

マーケティングオートメーション(MA)とは?機能や効果、おすすめツールの料金、選び方を解説

マーケティングオートメーション(MA)とは?機能や効果、おすすめツールの料金、選び方を解説

「マーケティングオートメーション」と聞いて、どんなものかしっかり答えることはできますか?「ちゃんと答えられる!」と言う方もいるかと思いますが、この記事を読む方の6割以上が正確に答えられないのではないでしょうか。今回は、近い将来必ず来るマーケティングオートメーションが必要とされる理由と、その選び方についてご紹介します。