まとめ

スマートフォンやタブレットが普及した現在、検索行動は身近なものとなり、何を買おうか、どこのレストランに行こうか、迷ったらとりあえず検索する、という流れが定着してきています。ユーザーは何を欲しているのか、何を解決したくて検索しているのか。そこを理解し、商品紹介ページユーザーの問題を解決できるような文言を入れられれば「ZMOT」を獲得することができるでしょう。

オムニチャネル化が進む今、購入意志を決定するのはオンライン上だけではありませんが、どの接触ポイントであれ、ユーザーのニーズを理解することの重要性は変わりません。あらゆるチャネルでの購入意思決定の瞬間をおさえるにはどうすればいいのかを考えてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。