おすすめLPOツールをそれぞれ解説!コンバージョン増加に必須!

ランディングページは、Webを活用した集客を行う企業にとって重要な役割を担っています。多くの企業がランディングページを制作し、リスティング広告などのインターネット広告からターゲットユーザーを誘引しますが、最初から売上アップにつながる企業は決して多くありません。

Webマーケティングの担当者は、常に仮説と検証を繰り返し成果を上げていかなければいけません。そのためにランディングページの成果を高めるLPOは欠かせない作業であり、マーケッターの腕の見せどころでもあります。LPOは、ポイントさえ正しく押さえられればツールにお金をかけずに実施することもできますが、緻密さとスピードが求められるビジネスにおいては、できるだけ効率的なLPOを実現できるツールの導入が必要になっています。今回は、コンバージョンの増加のために、LPOツールをまとめました。

オススメのLPOツールの紹介

今回、ご紹介するLPOツールはLPO以外の機能を持つものもあります。LPOはもちろん、自社にとって有意に活用できる機能があるかなど、幅広い視点でチェックするとよいでしょう。気になるサービスがあったら、資料請求だけではなくデモ画面を確認するなど、積極的にチェックしてみることをオススメします。

LPOエビス

image4.png

画像引用:
LPOエビス | 機能紹介 | アドエビス - マーケティング成果を最大化する、マーケティング効果測定プラットフォーム

LPOエビスはユーザーにとって最適なランディングページを自動的に選択します。ユーザーの遷移割合をシステムが調整し、最適化を実現することができ、費用対効果を高められるのです。リアルタイムに効果を測定できるため、最適化にかかる時間のロスを抑えられます。また、一つの広告に対し、リンク先を5つまで登録し、ユーザーをランダムに遷移させることも可能です。効果を発揮できる広告を正しく判断しユーザーを導きます。

A/Bテストの際、元のランディングページへの遷移割合を9割にすることでリスクを抑えながらテストできます。つまり、テストの失敗による売上減少を恐れずにトライできる機能が搭載されているのです。ランディングページによる売上を基準に質を評価する仕組みもあり、的確な判断が可能になります。

Gyro-n LPO(ジャイロン エルピーオー)

image7.png

画像引用:
LPO(ランディングページ最適化)でコンバージョンを増やすには?

Gyro-n LPOは、ユーザーの興味関心にあわせたコンテンツの提供を最適化することでホームページのパフォーマンスを最大化できるのが魅力です。10年で培った改善に関するノウハウがつまったサービスです。導入から改善まで手厚くサポートしてくれるので安心して利用できます。導入するだけでコンバージョン率が24%改善されたという実績もあります。設定はタグの設置だけで済むので、導入に時間や作業負担がかかる心配はありません。わざわざランディングページを新たに制作する必要もなく、現在持っているページをそのまま活用できます。

ユーザーの過去の行動履歴や属性に関するを情報を利用したターゲティングや、A/Bテストの際の配信比率調整などによるコンバージョンの最大化など、システムがパフォーマンスアップのために素早く動作してくれるので便利です。ユーザーにとってはWeb接客の品質が高いホームページとして認知されメリットが大きいと言えます。

DLPO(ディーエルピーオー)

image8.png

画像引用:
LPOはDLPO。DLPOで各ユーザに「最適」なWEBページを配信

日本発のLPOツールとしてスタートし、大手企業サイトを中心に述べ700社以外の改善実績のあるサービスです。独自のテストエンジンによって、最適なクリエイティブとユーザーセグメントをマッチングさせ、高いパフォーマンスをあげることが可能です。A/Bテスト、多変量テストを利用でき、それぞれのテストの特性を活かしたコンバージョンの改善が期待できます。

また、アクセス解析ツールタグマネジメントツールといった他のツールとの連携も可能であり、今導入しているサービスを活かしながら、より高度な改善を目指せます。設定や運用に関してはカスタマーサポートが用意されているので、気軽に問い合わせができて安心です。

LACNE LPO(ラクネエルピーオー)

image1.png

画像引用:
LPOツール|簡単ランディングページ最適化ツール|ラクネLPO

必要な機能をしぼったシンプル設計のLPOツールです。効率的なコンバージョンの向上に貢献します。同じ条件のもとホームページに流入してきたユーザーに対し、表示させるコンテンツを複数パターン用意しておくことができます。振り分ける割合の設定ができるのでリスクを回避し最小限でテストをすることも可能です。どのコンテンツが効果を発揮しているのか一目で把握できるように比較分析ができるので判断に時間がかかりません。このようなA/Bテストをスムーズにできるのが強みです。

サーバーインストール型のサービスのため、導入時に必要な費用のみでランニングコストは発生しません。また、導入にあたって実施する作業も、Javascriptファイルの読み込みの指定と任意部分へのIDの割り振りだけなので時間的な負担はあまりありません。Flashコンテンツへの導入もできます。

CVX

image5.png

画像引用:
LPOクリエイティブ改善支援ツール CVX | コンバージョンラボ

ランディングページの制作や改善がスムーズにできるクラウド型のLPOツールです。クリエイティブを複数パターン用意して実施するA/Bテスト機能を搭載しており、結果もすぐに把握できます。ランディングページ改善作業のために専用エディタが用意されています。ページ変更には専門的な知識をは不要です。テキストの変更やサイズ調整も素早く細やかに作業できるので、改善作業にストレスを感じません。誰にでもPCDAを素早く繰り返すことが可能です。

また、ランディングページを新規作成する場合も約200種類ものテンプレートがあり、テキストや画像を当てはめるだけで簡単に作り上げられます。レスポンシブ仕様に対応しており、スマートフォンの閲覧にも最適化します。新規制作からスタートしても有効な改善を継続して行えるので安心です。ランディングページに特化した専門性の高さが魅力です。

Kaizen Platform(カイゼンプラットフォーム)

image6.png

画像引用:
KAIZEN PLATFORM

データ管理や施策管理が可能なツールです。コードを埋め込むだめの簡単な作業で導入でき、ページのパフォーマンスを正確に把握できます。ユーザーがクリックしたところから動きを可視化でき、蓄積したデータを最大限に活かせます。専門人材ネットワークから施策を任せられるサービスがあり、グロースチームの提供が可能です。実績から適切な人材をキャスティングし最高のチームを構築できます。

動画を活用したLPOが可能な「Kaizen Ad for LPO」により、タグを1行追加するだけで動画コンテンツランディングページに設置できます。ランディングページに動画を埋め込むことでコンバージョン率が向上することを把握している同社ならではの機能です。

WebAntenna(ウェブアンテナ)

image2.png

画像引用:
広告効果測定ツール「ウェブアンテナ(WebAntenna)」

広告の効果測定ツールとして、広告のパフォーマンスを正確に評価し管理できるツールです。
リアルタイムに成果を確認できる上、操作は直感的であり、誰にでもスムーズに運用できるので便利です。広告の貢献度の計測やユーザーの行動パターンの分析などのデータをランディングページの改善にも活かせます。導入に関しても2種類のタグを設置するだけですので手間がかかりません。複雑なアトリビューション分析ができるか心配でもコンサルタントによるサポートもあるので、安心して取り組むことができます。

Optimizely(オプティマイズリー)

image3.png

Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー 日本公式サポートサイト

優秀なテスト機能を搭載したマーケティングツールです。テストの度に本番環境を操作することなく、A/Bテストを実施できるため、短時間でテストを実施することが可能です。その分、PCDAを素早く回せるので、精度の高いマーケティングができます。LPOにあたる作業には、コーディングに関する知識を使わずに済むため、誰にでもスムーズに実行できるのがメリットです。全機能を体験できる30日間の無料トライアル制度もあるため、導入前に気軽に試用できます。

ferret One

image9.png

画像引用:
BtoBマーケティングに必要な機能がこれ1つで!ferret One(フェレットワン)

ランディングページの作成や更新が簡単にできるツールです。LPO専用のツールではありませんが、Webマーケティングに必要な機能を一通り網羅しています。モバイルに対応したWebサイトの構築ができるほか、アクセスレポートの表示やSEO順位の確認が手軽にできます。LPOに使えるA/Bテスト機能を搭載しており、効果の高いページに改善してランディングページを最適化することが可能です。EFOを反映したフォームの設置機能もあり、改善と運用の継続的な実施に適しているツールです。

まとめ

LPOツールを検討する際は、できるだけ早く導入したいと思っても、デモを見るなど実際に自社で使ったときのイメージができるまで確認しましょう。機能のことはもちろん、導入実績の確認、同業種での利用事例など幅広いアンテナを立てて情報を集めるのが大切です。

理想的なLPOツールを手に入れたら、あとはLPOツールの機能をフル活用し仮説と検証に尽力するところですが、最終的な判断はツールではなく人間です。つまり、マーケッターのノウハウの向上も求められます。LPOツールの最新機能とマーケターの能力のシナジーで目標達成を目指しましょう。