Twitterの世界のデイリーアクティブユーザーは、1億4,500万人(2019年9月時点)、国内では4,500万人(2017年10月時点)を超えており、リーチのとれるSNSマーケティングツールとしてTwitterを活用する企業が増えています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そんなTwitter広告も企業から注目を集めており、2020年1月7日には、最新広告メニューが登場しました。記事では、発表されてからまだ間もないTwitterの「プロモトレンドスポットライト」について紹介します。

参考:5大SNSの国内ユーザー数を比較!LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTok【2019年12月更新】

Twitterの最新広告メニュー「プロモトレンドスポットライト」とは?

twitter_tumbnail.jpg
出典:動画のパワーとプレミアム枠を組み合わせたプロモトレンドスポットライトのご紹介

「プロモトレンドスポットライト」は、Twitter上の検索画面上部の枠に動画やテキストが表示される、プレミアム表示枠1社買い切り型の新しい広告メニューです。ユーザーの目に留まりやすい動画と注目度の高い枠を組み合わせた広告メニューで、これまでよりもさらに効果的な広告を打ち出せることが期待されています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

プロモトレンドスポットライトの3つの効果

1.注意を引く

スマートフォン画面幅いっぱいの動画表示で、人々の注意を強く引きつけ、企業からのメッセージの伝達力を高める効果があります。

2.ブランドの差別化

情報を高度にまとめたエディトリアルコンテンツの上部に表示されることで、ユーザーの目を引き、タイムライン状に配信される他の広告と差別化を図ることが可能です。

3.会話を喚起する

他のトレンド情報と同じ画面に表示されることで、フォロワー同士の会話が生まれやすい状況を作ります。議論を誘うようなハッシュタグ・動画にすると効果がより一層期待されるでしょう。