昨今、個人だけでなく企業の利用も増えている「note(ノート)」。この記事では、改めてnoteの利用方法や、ブログとの違い、特徴を解説します。法人向けのnote利用法についても紹介しますので、利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

個人や企業の利用が急増しているnoteとは?

noteは文章や写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿できるプラットフォームです。「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションとしており、ブログとは異なったWebサービスです。作成した作品を販売できることが大きな特徴で、読者との交流や自己表現の場として注目されています。
参考:note へようこそ!

noteでできる7つのこと

noteでは5つの形式の「ノート(作品)」が作れます。

●つぶやき

つぶやきは楽しく会話することを目的としたノートです。長文ではなく短文の簡単なテキストと画像を通して、フォロワーと交流できます。Twitterのように気軽に投稿できるので、気軽に何気ないことを投稿してみるとよいでしょう。

●画像

画像ではテキストは投稿せず、あなたが撮影した写真や描いたイラストを投稿可能です。SNSの普及の後押しもありデザイナーやフォトグラファーという職業に就く人が増え、このnoteから有名になったクリエイターも多くいます。自己表現、自己ブランディングには最適なサービスと言えるでしょう。

●テキスト

長文のテキストを投稿して、小説やコラム、記事を作成できます。後ほど詳しく説明しますが、テキストを通したノートの販売も可能です。Twitterにてこのノートを販売し、自分の知識を提供しているインフルエンサーをよく見かけます。

●音声

自分で作成した音楽などの公開も可能です。YouTubeが主流であまり知られていない機能ですが、音楽表現をしているクリエイターの方は、noteでも手軽に多くの人に音楽を届けられます。

●動画

動画を投稿ができます。こちらはYouTubeやVimeoなどと手軽に連携可能です。

その他、noteで使える機能は?

マガジン

「マガジン」機能を使うと、作成した複数のノートを一つにまとめられます。例えば、テキスト作品を主に投稿しているクリエイターが、自分のノートを「小説」や「コラム」などのカテゴリー別にまとめておくことで、読者に読んでもらいやすくする場合などに便利です。また、読者側も他のクリエイターが作成したノートをまとめられるので、ブックマークがわりにオススメ。

投稿された作品が話題となり、書籍化にまで発展したコンテンツも数多く存在しています。

参考:マガジンとは

「note(ノート)」から生まれた!5つの切り口でオススメする、ビジネスパーソン向け書籍5選

「note(ノート)」から生まれた!5つの切り口でオススメする、ビジネスパーソン向け書籍5選

昨今、個人だけではなく、企業による利用も増えている「note(ノート)」。2019年以降、ユーザー数も急増し、ヒットコンテンツも数多く生み出しています。今回は、noteでの投稿が話題となって書籍化に繋がったビジネスパーソンにオススメの作品を紹介します。

「有料販売」や「クリエイターサポート機能」

noteではノートやマガジンなどを有料で販売できます。価格設定は100円から10,000円で自由に設定可能。売上金額から決済手数料やプラットフォーム利用料、振込手数料(売上金の支払い時)などを引いた額をクリエイターが受け取れます。

また、読者は「クリエイターサポート機能」を使って、応援したいクリエイターに対して100円から10,000円までの金額を支払える、いわゆる投げ銭のような機能も使えるのです。

投げ銭機能も!「note(ノート)」で収益化する方法とは?

投げ銭機能も!「note(ノート)」で収益化する方法とは?

「note(ノート)」は、自己表現のコンテンツとして広く利用されています。利用者のなかには「有料コンテンツ」で収益化を実現している人も。Twitterなどを活用しながら有益コンテンツを販売して収益化しているインフルエンサーを見たことがある人もいるのではないでしょうか?記事では、noteを利用した収益化の仕組みについて解説します。