※本記事は、2015年8月10日に公開された記事をマケスト提供により一部再編集を行っております。

Webサイトページの移転に必要なリダイレクト処理は、Web担当者にとって必要不可欠な知識です。
Webサイト制作に関わるデザイナーやエンジニアが、SEOに適切なリダイレクト方法を理解していないケースがあるためです。
特に、URLの変更を伴うサイト移転をするケースでは、Googleが推奨する正しいリダイレクト処理をしないと、移転後のWebサイトの検索順位に大きなマイナスの影響を与えます。

リダイレクトの種類には、.htaccessを使用するサーバー転送や、canonical属性、meta refresh、JavaScriptなどを使用した転送方法がありますが、ケースに応じてどのリダイレクト方法を選択するのかを把握していることが重要です。

URLの変更を伴うサイト移転には301リダイレクト

ドメインが変わるURLの変更を伴うサイト移転には、301リダイレクト(永久転送)を使用します。Search Consoleのヘルプでは、HTTP301リダイレクトを推奨しています。

HTTP 301 リダイレクトを使用する: Googlebot は複数の種類のリダイレクトに対応していますが、できれば HTTP 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。
引用元:301 リダイレクトの準備を行う

301リダイレクトを使用するべき最大の理由は、古いURLの評価を新しいURLに引き継ぐことができるからです。もちろんページランクも引き継ぐことができます。

301リダイレクトの設定は、Apacheを実行しているサーバーで、.htaccessファイルにアクセスして行います。日本の主要なレンタルサーバーでは基本的に設定可能です。

meta refreshやJavaScriptリダイレクト方法は、Googleが古いURLの価値を引き継ぐ保障がありませんので、積み重ねた被リンクなどのSEO資産がリセットされたも同然となってしまいます。

Googleのジョン・ミューラー氏はWebmaster Central Help Forumで、サイト移転時にmeta refreshを使用することを強く否定しており、出来る限り301リダイレクトを使用するように発言しています。

I’d strongly discourage from using a meta-refresh-type redirect for moving a site. If at all possible, use a 301 redirect.
引用元:Is the meta refresh set for 0 delay acceptable to use for site transfer in 2015

ペナルティを受けたら301リダイレクトでもダメ

ペンギンアップデートや手動ペナルティを受けた後に、新しいドメインを取得して古いURLから新しいURLへ301リダイレクトして、ペナルティから逃れようとしても効果はありません。

301リダイレクトは古いサイトの評価を引き継ぎますが、マイナスの要因も引き継ぎます。

Googleのジョン・ミューラー氏はハングアウトで、警告やペナルティの要因を取り除かなくては、301リダイレクトを使用してもそのペナルティごと転送してしまうと明言しています。

ただし、robots.txtでクロールをブロックしたページを経由すると、Googleからの評価を引き継がずに、サイト訪問者だけをリダイレクトすることができます。

海外SEO情報ブログの鈴木氏が紹介しているテクニックで、古いサイトの訪問者をクロールをブロックしたページリダイレクトして、さらにそのページから新しいURLリダイレクトする方法です。

  1. ブラウザ(人間のユーザー)が、ペナルティを受けた古いドメイン名のサイトのURLにアクセスする。
  2. .htaccessファイルの設定で、同じドメイン名のサイトに置いたリダイレクト用のスクリプトファイルにリダイレクトし、たとえば「RedirectScript.php?3. requestURL=requested URL」のように処理させる。
  3. ブラウザは、「RedirectScript.php?requestURL=requested URL」を再リクエストする。
    「RedirectScript.php」が、新ドメインの対応するURLへのリダイレクトを実行する。
    引用元:ペンギン対応? ペナルティを引き継がずにリダイレクトする方法

レスポンシブウェブデザインへの移行には302リダイレクト

パソコン向けのページとモバイル向けのページを別のURLで提供しているウェブサイトが、レスポンシブウェブデザインへ移行する場合は、302リダイレクト(一時転送)を使用します。

ただし、実質的には301でも302でも問題ないようです。
Google社員が直接ユーザーの質問に回答するウェブマスターオフィスアワーでは、Googleの長山氏が301でも問題ないという趣旨の発言をしています。

なお、Googleはレスポンシブウェブデザインを推奨しており、2015年の4月21日よりスマホ対応してないサイトは、モバイル検索時のランキングにネガティブな影響受けます。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google検索結果に大きな変化をもたらします。
引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ:検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

ページを削除した場合は、404か410リダイレクト

サイト整理などで不要なページを削除した場合は、404(Page Not Found)でも410(Gone)のリダイレクトでも問題ありません。

Googleのジョン・ミューラー氏はGoogle+上で、厳密にいえば410のほうが削除という意味では正確だが、Googleの処理としてはほとんど変わらないと発言しています。

ただし、404リダイレクトはサーバーが自動的に行ってくれますが、410リダイレクトは設定が必要です。
そのため設定が面倒な場合は、何もしないという選択肢もあるといえるでしょう。

なお、ウェブマスター向け公式ブログでは、ページを削除してSearch Consoleに404エラーが大量に表示されたとしても、それが原因でインデックスの減少や検索順位の低下、ペナルティなどを受けることがないと記載されています。

サイトの一部の URL が 404 を返しているということ自体が、サイト運営者の評価や Google 検索の結果に影響することはありません。
引用元:404 はサイトに悪影響を与えますか?

自サイトの内部リンクが404エラーを起こしているのならば対処するべきですが、外部からの404エラーは防ぎきれないことをGoogleも理解しています。

URLの正規化は301リダイレクト

最後は、URLの、「wwwあり」と「wwwなし」の統合についてです。

Googleは、同じコンテンツを表示する「http://www.example.com/」と「http://example.com/」は、別々のページとして処理しています。Googleは重複しているコンテンツが嫌いなので、SEO的には良くない状態です。
そのため、Search Consoleのヘルプでは、Search Console のサイト設定で「wwwあり」、「wwwなし」を指定して、使用しないドメインから正規のURLへ301リダイレクトすることを推奨しています。

使用するドメインを設定した後、301 リダイレクトを使って使用しないドメインからトラフィックをリダイレクトして、他の検索エンジンユーザーにどちらのバージョンを使用するかを伝えることができます。
引用元:使用するドメインの設定(www の有無)

まとめ:適切なリダイレクトは効果的なSEO

今回は起こりうる可能性の高いケースを解説しましたが、Googleが推奨するリダイレクト処理をすることは、基本的ながらも重要なSEO対策です。
Web担当者はぜひ理解しておきましょう。

  • URLの変更を伴うサイト移転には301リダイレクト
  • レスポンシブウェブデザインへの移行には302リダイレクト
  • ページを削除した場合は、404か410リダイレクト
  • URLの正規化は301リダイレクト

Web担当者必見!SEO対策に役立つおすすめのツールをご紹介[マケスト提供]

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。