プライベート用に加えて、ビジネス用としてTwitterを活用する人が増えてきました。そこでTwitterのプロフィールの印象を左右するのが、アイコンとヘッダー画像です。

特に注意したいのがヘッダー画像。ヘッダー画像を作成するとき、最適なサイズで作成しないと設定の際に切り取られたり、見え方がおかしくなったりしてしまいます。

ここではTwitterに最適なヘッダーサイズと、ヘッダーの設定方法、そしてヘッダー作成におすすめのツールなどを解説します。

Webマーケティングのeラーニングサービス「ferret Learning」でデジタルに強い組織に

【SNSマーケを動画で学ぶ】1日10分からのWebマーケティング学習サービス「ferret Learning」はこちら

約300の動画授業でWebマーケティングスキルアップ!学習進捗管理や演習機能、理解度の見える化機能などの学習支援機能を多数搭載

Twitter(ツイッター)のヘッダーとは

Twitterヘッダーとは、プロフィールページの最上部に設定される画像のこと。

Twitterのプロフィールページ(スマホ閲覧の場合)

赤い枠で囲んだ部分がヘッダーです。ヘッダー画像の上にアイコンがかぶさるような形になっています。

ヘッダーは自由に設定することができます。アイコンやプロフィール文に加え、ヘッダーはプロフィールページ全体のイメージを左右する要素の一つ。

表示範囲が広く、なおかつ視覚的な影響が強いため、プロフィール作成において特にこだわりたい部分です。

Twitterの最適なヘッダーサイズ

言ってしまえば、ヘッダーサイズは自由です。なぜならTwitterヘッダー画像を設定するとき、どんなサイズでも横長に切り抜く工程があるから。

しかし、ヘッダーの中に写真やモチーフ、文字などを詰め込みたい人もいますよね。

この画像のように、ヘッダーに文字や写真を綺麗に収めたい。そんなときに最適なヘッダーサイズはこちらです。

「横 × 縦 = 1500px × 500px」

このサイズでヘッダーを作成すれば、全体が綺麗に表示されます。画質の劣化等もありませんよ。

またTwitterで対応しているファイル形式は、JPEG、PNG、GIFです。画像を作成し保存するとき、対応可能なファイル形式で保存しておきましょう。

参考:プロフィール画像のアップロードについてのヘルプ|Twitter