Pardot(パードット)の機能について

Pardotには様々な機能が搭載されています。これらを組み合わせることでMAが実現するのです。以下に代表的な機能をピックアップして説明しました。

トラッキング

トラッキングは、顧客がWeb上でどのような行動をしたのか確認できる機能です。ホームページに訪れた顧客がどのページをどれくらいの時間閲覧していたのかなどがわかるため、何に興味があるのかを把握することができます。モチベーションの高い顧客を特定するために欠かせない機能です。

スコアリング

顧客の行動に基づいてスコアをつける機能です。スコアが高い顧客はモチベーションが高く、優先的にアプローチするべきでしょう。スコアリングにより、どのような営業アクションを起こすべきか決められるので、担当者の感覚ではない適切なタイミングが見えるのです。

グレーディング

グレーディングは、顧客が自社にとってのターゲットとして適切かを判断できるものです。顧客の企業情報や属性などをもとに判別でき、スコアリングと一緒に使用することで、確度の高いリードの把握に役立つでしょう。

メールシナリオ

顧客育成のために的確なタイミングでのメール送信は欠かせません。顧客の行動に伴って、メールによるコミュニケーションを行うことは受注につながる重要なアクションです。メールはテンプレートを使ってスムーズに作成し、シナリオに応じた送信を自動化できます。送信したメールに対して顧客がどのようにアクションしたかを計測しているので、シナリオが正しかったのかを検証することができます。

フォーム作成

直感的な操作でフォームの作成ができるので便利です。フォームの項目やレイアウトなども自社にとって最適な状態に調整できます。専門的な知識を必要とせずに、誰にでもスムーズに作業できるでしょう。

レポート

様々なレポートを作成できる機能が搭載されています。ユーザーWebサイトでどのような動きをしたのかなど、様々な情報をわかりやすく確認できるのです。メールの開封率やクリック率などのデータや、前述した投資対効果(ROI)に関するデータ、さらには、顧客の動きをリアルタイムで通知してくれる機能があり色々なシーンで役に立ちます。

活用事例

Pardotの活用事例をご紹介します。実際に利用している企業の事例は、導入をイメージするために最適です。

image1.png

出典:セールスフォース・ドットコム Pardot(パードット)導入事例

この事例の企業は、MA全体をカバーできていなかった既存の仕組みをPardotの導入により改善しました。導入の決めてはセールスフォース・ドットコムに他製品との連携予定を挙げており、やはりプロダクト連動に強みがあることを感じるところです。成果の1つとして、問い合わせフォームや資料のダウンロードページにおいて、顧客から段階的に情報を集めてフォームの入力項目を自動的に補うプログレッシブプロファイリング機能を使い、案件化率を向上しました。また、スコアリング機能による判断やMAの工数削減などPardotを活用しています。年間1600件もの新しいリードを獲得し、案件数が約2倍になるという大きな成果を遂げている見事な成功事例です。