ホームページの集客を行う上で、まず取り組むべきはリスティング広告SEOです。
リスティング広告は、短期間でも確実な流入を得るための施策として、SEOは長期的に安定した流入を得るために行われるのが一般的ですが、特にSEOに関しては不確定要素が多く、Googleのアルゴリズムも頻繁に変更されるため、伸び悩みを感じている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、弊社が運営する口コミサイトで2つの内部SEO施策行った結果、オーガニック流入数が10ヶ月で約6倍になった事例をご紹介します。
予算をかけずに実施し、ある程度の成果が見えた施策ですのでSEOにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

結果として、月間のオーガニック流入数が1,440から8,505になった事例です。

関連記事

コンテンツの追加・更新は検索結果の順位に影響するのか?
コンテンツ追加で対策キーワードからの流入数が2.4倍になったSEO事例
SEOの内部対策を自力で強化したいときに見るべき記事4選

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

対策概要

ホームページ:フランチャイズの口コミ評判サイト「ここフラ
ホームページ概要:フランチャイズ起業経験者の口コミ評判を掲載
内容:「評判」というキーワードでの流入を増やすため、内部対策を実施
期間:6ヶ月

フランチャイズでの独立を考えられている方を対象とした、フランチャイズ本部の比較サイトを運営しており、フランチャイズを実際に経験した方が体験談を投稿する口コミ評判サイト「ここフラ」を開設しました。

開設後数ヶ月はあまりプロモーションを実施していなかったこともあり、なかなか流入が集まらない状態が続いていました。
今年に入り、オーガニック流入を増加するための施策に注力をしています。

対策内容1:競合のサイト分析でキーワードを抽出し、h1,h2タグに追加

対策を行った背景

競合サイト調査ツール「Similar Web」を活用し競合サイトの流入ワードを調査した際、「口コミ」というキーワードよりも「評判」というキーワードの流入が割合的には圧倒的に多いということが確認できました。

一方、ここフラでは「評判」の対応をしていなかったため、流入はほぼ無い状態でした。
内部対策を確認したところ、主要テキスト(h1やh2など)に「評判」というキーワードが入っていなかったため、取りかかりやすさもありまずは基礎的な部分を変更しました。

施策詳細

h1.h2のキーワード変更

ページのh1.h2に入っている「口コミ」を「口コミ評判」という記述に変更しました。

h1変更例(トップページの場合)

変更前:「フランチャイズの口コミサイト」
変更後:「フランチャイズの口コミ評判サイト」

h2変更例(小売業のフランチャイズ一覧ページの場合)

変更前:「 小売業からフランチャイズの口コミを探す 」
変更後:「小売業からフランチャイズの口コミ評判を探す 」

ここフラの場合、全てのページで「口コミ」「評判」というキーワードが関連してきますので、全ページに対してキーワード改変を行いましたが、ページの内容によって適切なキーワードが異なる場合も少なくありません。
キーワードを変更する際は、単純に全てまとめて変更するのではなく、各ページごとに設定されているキーワードが適切かどうかも確認しながら進めましょう。

「評判」というキーワードでの流入増加施策については上記のような内部対策のみを実施し、そこからどれだけ流入に変化が起きるかを検証しました。

結果

月別オーガニック流入数

2015年1月
全体流入:1,440
「評判」関連キーワードの流入:224

2015年5月
全体流入:4,032
「評判」関連キーワードの流入:864

全体:280%増加
「評判」のみ:385.7%増加

1月の数字と比較し、5月のアクセス数は全体、想定していたキーワードからの流入ともに大幅に増加しました。

対策内容2:サイト構造の変更

対策を行った背景

「フランチャイズ名+評判」(例:セブンイレブン+評判)という組み合わせのキーワードで流入するユーザが多く、競合サイトの状況と比較してもまだ流入を伸ばせる余地があると推測しました。
「フランチャイズ名」で検索するユーザーには、該当企業の詳細ページに直接流入できた方が満足度が高いと思われるため、企業詳細ページSEO強化・ユーザビリティ向上を目的に要件を検討し、本部ページをタブで口コミ内容ごとに切り分けるデザインに変更しました。

施策詳細

企業詳細ページをカテゴリ別に分割

企業詳細ページの情報を整理し、各企業で4ページを追加し、ツリー構造で配置することで、企業詳細ページSEO強化を図りました。

変更前

kokofura_old.png

変更前の企業詳細ページは、1ページに全ての情報を掲載していました。

変更後

kokofura_new.png
変更後は、ページ内の情報を「総合」「オーナー経験談」「加盟金収益」「本部の雰囲気」「気になる点」の5つのカテゴリに分類して専用ページを構築し、企業詳細ページ配下に入れ込みました。
それぞれのカテゴリはタブとして設置し、1クリックでカテゴリの切り替えができるような設計にしています。

結果

月別オーガニック流入

2015年6月
全体流入:4,397

 
2015年10月
全体流入:8,505
 
全体流入:約190%増加

2つの施策を行った結果

2015年1月
全体流入:1,440

 
2015年10月
全体流入:8,505

全体流入:約600%増加

まとめ

SEO内部対策の中でも、h1にキーワードを含めることは基本とされており、検索順位にも大きな影響を与えると言われています。
コンテンツSEO全盛期の今、基本の内部対策が軽視されがちになりつつありますが、このように少しの手間で驚くほどの効果を上げることができます。

適切なキーワードが設定されているか、改めて自社ホームページの内部を確認してみましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

コンテンツの追加・更新は検索結果の順位に影響するのか?
コンテンツ追加で対策キーワードからの流入数が2.4倍になったSEO事例
SEOの内部対策を自力で強化したいときに見るべき記事4選

この事例の元になったカリキュラム

コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

コンテンツSEOの基本は、魅力あるコンテンツを継続的かつ効率的に追加することです。