キーワードプランナーでできること

キーワードプランナーでは基本的に広告を出稿する前に、どれだけの効果が見込めるのかを測定することができます。キーワードを入力すると、関連する情報が得られ、戦略を練るのに役立つでしょう。それぞれキーワードプランナーでできることについて紹介していきます。

検索キーワードのボリューム確認

一番使う機能といっても過言ではないのが、検索キーワードのボリューム確認の機能です。Webコンテンツを発信する際には、どのキーワードで戦うのかを見極める必要があります。もっとも効果が高い場所を見極めるための指標として検索ボリュームが有効です。

どれだけユーザーに検索されているのかを元に、そのテーマのニーズとアプローチ方法を模索することができます。どれだけ有益な情報を提供したとしても、キーワードの設定を間違うとまったく効果が得られないということもあるでしょう。

キーワードプランナーはコンテンツ発信を円滑に進めていく中で、大いに役立つツールとなります。ぜひともやり方を覚えていきましょう。

参考:キーワード プランナーを使う|Google広告 ヘルプ

キーワードごとの広告出稿時の費用感を確認

キーワードプランナーは広告を出稿するためのツールです。そのため効果的に広告を打つための機能も充実しています。キーワードを選定したとしても人気のものであれば、広告費も人気に比例して高くなってしまうでしょう。キーワードプランナーでは、検索キーワードとその費用感も確認可能なのです。

費用が確認できるだけでなく、競合がどれぐらい参入しているのかといった指標にもなります。特にリスティング広告などは適切な運用ができれば、業績に大きく貢献するでしょう。まずは出稿したいキーワードの難易度を確認し、最適なものを見極めていくことが重要です。

SEOの際のキーワード選定の参考に

キーワードプランナーは検索ボリュームや広告の費用感を確かめること可能です。これを応用すると、Webコンテンツ発信では避けては通れないSEOに使えます。

SEOではコンテンツの内容によって、選ぶキーワードが変わってきます。ニーズがわかりやすいキーワードであれば効果は大きいですが、その分競合も多く上位表示が難しくなってしまうでしょう。そこで広告の費用感を参考にします。

広告費が高いところは競合が多いことがわかりますが、逆に競合があまり参入していないキーワードも確認できるのです。ボリュームが最低限あり、競合が少なく、ユーザーのニーズがコンテンツとマッチしているキーワードは狙い目です。

キーワードプランナーを使うメリット

キーワードプランナーでできることを紹介したところで、利用するメリットについても紹介します。ツールのメリットが理解できていると、活用するときのアイデアも湧きやすくなります。使いこなして成果を上げるためにも、ぜひ確認しておいてください。

キーワードとその関連語を1つのツールで押さえられる

キーワードプランナーで特定キーワードのボリュームが確認できることは伝えました。しかしSEOをする際は、関連ワードについても押さえておく必要があります。というのも、ユーザーが関心を寄せているワードがそれらに当てはまる傾向にあるからです。

キーワードプランナーでは1つの検索ワードについて表示した際に、関連語についての情報も表示されます。これを活用すると評価されやすいコンテンツ制作につながるでしょう。上手に活用すれば、より深くて狭いニーズにアプローチすることも可能です。

有力な見込み客にアプローチできる精度も上がるので、上手に使ってみてください。

参考:適切なキーワードを選択|Google広告

競合がどれほど参入しているのかを広告費から予測できる

先ほども紹介しましたが、キーワードプランナーでは競合の参入度合も確認することが可能です。コンテンツ発信の戦略を立てる上で重要な情報となります。費用感が高いものから低いものまで全体的な視野で見ることができるため判断基準の一つになります。

SEOではユーザーのニーズに適したコンテンツを、適したキーワードで発信することが大事です。しかし、必ずしもボリュームが大きいものがいいわけではありません。時として最適なキーワードは競合が見落としているものである場合がありますので、それらを見極めるためにもキーワードプランナーは力になってくれるのです。

リサーチしたキーワードのデータはCSVで保存可能

メディアの立ち上げなどをする場合に、リサーチをおこなうことがあるはずです。その際にもキーワードプランナーは役立ちます。複数のキーワードについて調べたとしても、そのデータを管理するのは大変です。

そこで活用できる機能が、CSVでの保存機能。キーワードごとのボリュームや関連語の情報をそれぞれ管理することが可能となっています。再度データをまとめるなどすれば、メディアのコンテンツリストとしても機能するでしょう。

方向性を整理するためにも活用してみてください。