無駄を省きシンプルに

プラスα.チャートは必要なところだけ抜き出す

2.png

グラフや表などを使用して、調査結果や売上成績などを示すことがありますが、チャートは必要なところだけを抜粋して、なるべくシンプルな見た目にしましょう。チャートにおいても、全てを掲載してしまうと上図のように余白がなく見づらくなってしまいます。

チャートを示す際は、プレゼンテーション内でのチャートの役割を考慮しつつ、チャートを通して何を伝えたいのかを意識すると聞き手に伝わりやすくなるでしょう。元のチャートをどうしても表示させたい場合は、別途表示させるようにします。

7.テキストは少なめに、画像やグラフなどをメインに

テキスト量の多いスライドは、全ての情報を読まないと理解できないため、読み手に不親切です。スライドをすっきりさせるためにも、画像やグラフなどを駆使してテキスト情報はなるべく減らしましょう。

理解しやすいレイアウトにこだわる

8.流れは左上から右下へ

3.png

事業計画や詳細資料などを記載したスライドでは、テキストや画像、グラフなどが比較的多くなってしまうことがあります。

この場合、人の目が無意識に「左上から右下」へ移動することを考慮して、プレゼンテーションの話の流れがスライドの「左上から右下」へ流れていくようなレイアウトを組みましょう。

9.インデックス番号をつける

プレゼンテーションをする方は当然話の流れを理解していますが、聞き手は初めて聞く話であることがほとんどです。そのため、話の流れを分かりやすくするために、インデックス番号をつけたタイトル表示にすることをオススメします。

例えば、事例紹介をする際、以下のような構成の資料だとします。

成功事例 
 ・A
 ・B
 ・C

失敗事例 
 ・A
 ・B
 ・C

このような場合に、インデックス番号をつけたタイトルに変更すると、話にまとまりが出るので聞き手が理解しやすくなります。

1.成功事例
 ・1.成功事例 A
 ・1.成功事例 B
 ・1.成功事例 C

2.失敗事例
 ・2.失敗事例 A
 ・2.失敗事例 B
 ・2.失敗事例 C

このように、タイトルを見ただけで前後のページとの関連性を理解することができるように工夫すると、よりわかりやすい資料になります。

効率化を図る

10.テンプレートや素材を活用する

一から自分で資料作成すると、整った資料にすることがなかなか難しく、時間もかかります。効率よく整った資料を作成するなら、テンプレートや素材を活用がオススメです。

以下はferret内の、パワーポイントで使用できる素材・テンプレート10選。ぜひ参考にしてみてください。

PowerPoint(パワーポイント、パワポ)のデザインテンプレート30選!全て無料でオシャレ

PowerPoint(パワーポイント、パワポ)のデザインテンプレート30選!全て無料でオシャレ

PowerPoint(パワーポイント、パワポ)で資料作成をする際に使えるデザインテンプレートを紹介します。ずべて無料で使えますので、取り入れて業務を少しでも効率化しましょう。