Facebookページを運用している方は、少しでも多くのユーザーに情報を届けるために日々奮闘されていることと思います。
Facebookページには、どれくらいのユーザーが投稿を閲覧したかを数値で確認する「リーチ数」というものがあります。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、「リーチ」の概要と、リーチを上げるためのポイントについて解説します。
Facebookページを効果的に運用するための参考にしてください。

なお、記事内での情報は執筆時(2016年1月7日)現在のものです。
Facebookは度々仕様が変更になりますのでご注意ください。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebookページで重要なBCEIとは
Facebookページをフル活用するために知っておくべき機能4選
Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

リーチとは

「リーチ」とは、Facebookページの投稿がファンのタイムラインに表示される状態を指します。
リーチ数が多ければ多いほど多くのユーザーに投稿が見られており、低いと少数のユーザーにしか見られていないと判断することができます。

最近の国内での調査データによると、ファン(Facebookページいいいね!しているユーザー)のニュースフィードへの平均リーチ率は、ファン数が1,000人以上~5,000人未満の平均が25.99%、5,000以上~10,000人未満の平均が18.37%とされています。

参考
【2015年5月版】ファン数の規模別・業界別Facebookページの平均リーチ率・反応率・アクション率|株式会社コムニコ

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

ページに「いいね!」をしているユーザー全員が投稿を見ているとは限らないということです。
そのため、「いいね!」を押してくれるファンを獲得するだけではなく、いかにリーチ数を増やしていくかが課題となります。