Facebookページを運用している方は、少しでも多くのユーザーに情報を届けるために日々奮闘されていることと思います。
Facebookページには、どれくらいのユーザーが投稿を閲覧したかを数値で確認する「リーチ数」というものがあります。

今回は、「リーチ」の概要と、リーチを上げるためのポイントについて解説します。
Facebookページを効果的に運用するための参考にしてください。

なお、記事内での情報は執筆時(2016年1月7日)現在のものです。
Facebookは度々仕様が変更になりますのでご注意ください。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebookページで重要なBCEIとは
Facebookページをフル活用するために知っておくべき機能4選
Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

リーチとは

「リーチ」とは、Facebookページの投稿がファンのタイムラインに表示される状態を指します。
リーチ数が多ければ多いほど多くのユーザーに投稿が見られており、低いと少数のユーザーにしか見られていないと判断することができます。

最近の国内での調査データによると、ファン(Facebookページいいいね!しているユーザー)のニュースフィードへの平均リーチ率は、ファン数が1,000人以上~5,000人未満の平均が25.99%、5,000以上~10,000人未満の平均が18.37%とされています。

参考
【2015年5月版】ファン数の規模別・業界別Facebookページの平均リーチ率・反応率・アクション率|株式会社コムニコ

ページに「いいね!」をしているユーザー全員が投稿を見ているとは限らないということです。
そのため、「いいね!」を押してくれるファンを獲得するだけではなく、いかにリーチ数を増やしていくかが課題となります。

リーチ数を左右する要因

リーチ数を左右する要因として主に取り上げられるのが「エッジランク」です。
エッジランクとは、ユーザーのFacebook上の友達やフォローしている企業のFacebookページのうち、どの投稿を優先的に表示させるのかを判断する、Facebook独自のアルゴリズムです。
エッジランクの仕組みを理解すると、Facebookページからのリーチ数を増やせる可能性が高くなります。
エッジランクの詳細は公開されていませんが、主に以下の3要素がエッジランクに大きな影響を与えるとされています。

・親密度(affinity score)
・重み(Weight)
・時間(Time)

親密度

親密度は「普段ユーザーとどの程度コミュニケーションをとっているか」で判断されます。
「コミュニケーション」の詳しい定義は公開されていませんが、一般的にはコメントを書き込む、いいね!をする、タグ付けをする、メッセージのやり取りがある、プロフィールページの閲覧頻度などは少なくとも「コミュニケーション」の対象として判断されると言われています。
企業のFacebookページでは、ファンユーザーがFacebookページを訪問してくれることが「プロフィールページの閲覧」として捉えられます。

重み

重みとは、各投稿に対するいいね!数やコメント数、シェア数などの、ユーザーからのリアクション回数を指します。
リアクションごとにも評価の重みがあり、いいね!よりもコメントがつくほうが、その投稿には重みがある、と判断されると言われています。
また、投稿の種類にも評価の重みがあり、近況として投稿するよりも、写真や動画の投稿の方が重みが高いとされています。

時間

時間とは、投稿されてからの経過時間と、ユーザーからのリアクションがついてからの経過時間の2つを指します。
どちらも、現時点の時間に近い方が評価が高くなります。

例えば、1週間前に投稿されたものはそのままではニュースフィードに表示されにくくなってしまいますが、その投稿に対して今いいね!がつけば評価が高くなってニュースフィードへ表示されやすくなります。

エッジランクについてさらに詳しいことが知りたい方は、ferretの以下の記事を参考にすることをオススメします。
エッジランクとは